【フェブラリーステークス2019】予想と出走馬考察~新興勢力か?古豪か?砂の王者決定戦!~

今回はフェブラリーステークスの予想について書いていきます。

いよいよ2019年のGⅠ戦線も始まりますね。

まず口火を切るのは砂の王者決定戦であるフェブラリーステークス。

昨年のダート王でもあるルヴァンスレーヴは故障で出走できません。

しかし、新興勢力のインティ、古豪のゴールドドリームを筆頭に豪華メンツが揃いました。

GⅠらしくハイレベルな戦いが見れそうでワクワクしますね!

まずはアンケートから。

では予想へ参りましょう!!

スポンサードリンク




フェブラリーステークスの予想

過去10年のデータ

まずは過去のデータから見て行きます。

枠順

内外極端ですね。

最短距離を走れる内枠か芝を長く走れる外枠です。

中途半端な中枠は苦戦傾向ですね。

人気

1番人気の信頼度は高く、大波乱はない。

かつて最下位人気のコパノリッキーが勝利したこともありますがこれは稀なケース。

年齢

4,5歳が中心。

年齢が上がる程好走率は低くなっていきますね。

脚質

先行馬が好成績。

ただ、上りタイムは求められます。

==========PR==========

予想オッズ

次に予想オッズを見て行きます。

インティ     2.4

ゴールドドリーム 3.2

オメガパフューム 3.9

コパノキッキング 7.2

サンライズノヴァ 20.2

サンライズソア  24.7

ここも新星に期待が集まりますね。

現在6連勝中で東海Sを圧勝したインティが1番人気。

次いで古豪のゴールドドリームが続いていきますね。

上位数頭が人気を集め離れたオッズになりそうですね。

上位人気馬の考察

続いて上位人気馬を見て行きます。

インティ

現在6連勝。

前走の東海Sでもまだまだ余裕のある走りで快勝でしたね。

ただ、前走東海Sもそこまでメンバーが揃ったという訳では無く、どちらかというと弱メンツ。

今回が本当の一線級のダート馬との対戦になります。

先行し速い上りで纏める競馬ができますので、死角は少なそうではありますが、何でしょう。

この馬からはジンソク臭がするんですよね。

本番で脆さが出る気がします。

根拠はありません。

直感です。

ゴールドドリーム

安定感で言えばこの馬でしょう。

2017年の勝ち馬で昨年も2着。

3年連続GⅠで好走というのは難しいとは思いますが、衰えがあるという訳では無くまだまだ現役トップクラスの実力はあるでしょう。

前走東京大賞典ではオメガパフュームには負けましたが2着は死守。

チャンピオンズカップを使えなかったという事で状態面がそこまでだったとすれば見直せるレースでもあります。

東京マイルはこの馬にとってベストの舞台です。

鞍上もルメールですのでヘタなレースはしてこないはず。

馬券内という意味では確率は高く、連軸にはもってこいでしょう。

オメガパフューム

前走東京大賞典を勝利しGⅠ馬となりました。

この世代のダートはレベルが高いですね。

ゴールドドリームを倒しているという事も評価できますね。

ただ、馬のタイプ的には東京マイルって感じの馬ではないのが気になりますね。

もう少し長い距離の方がこの馬の力は出せるのではないでしょうか。

コパノキッキング

現4歳世代屈指のスプリント能力を持つ馬ですね。

京都の藤森Sで大不利を受けてから後方からの競馬ができるようになりました。

そのおかげで距離に融通がつくようになったのでしょう。

前走根岸Sでも距離不安を断ち切る勝利。

非常に強い競馬だったと思いますよ。

ただ、根岸Sを勝った時にマーフィー騎手のコメントでは「1600mはムリ」とキッパリといわれており、さすがにマイルまでこなすのは酷でしょうか。

鞍上もGⅠ初騎乗の藤田奈七子騎手。

最近は乗れている騎手だと思いますが、初GⅠで好走出来るかといわれると微妙ですね。

馬自体も厳しいと思っていますし、人気を吸って飛んで欲しいですね。

サンライズノヴァ

前走根岸Sは期待を裏切る敗戦でした。

外が伸びない馬場傾向ではありましたのでまだ言い訳は出来る内容だと思いますが負けすぎですね。

ワンターンの競馬はベストなだけに差しが決まる展開となれば見直してもいいかもしれませんね。

一応去年も4着までは来ていますし。

サンライズソア

案外人気しないんですね。

昨秋はJBCクラシック、チャンピオンズC共に3着。

力はある馬ですよ。

東京マイルコースも3戦してすべて馬券内と堅実派。

先行力高いタイプでそこまで速い上りを使えるタイプではなく、好走には展開の助けは要りそうな気はします。

以上過去の傾向や上位人気馬を見てきました。

人気馬は意外にも不安点を抱えている馬は多いですね。

さらに穴では昨年の勝ち馬であるノンコノユメもおり、小波乱はあり得るかもしれませんね!

最後にブログランキングにてフェブラリーSの現段階での軸候補を発表します。

是非とも確認お願いします!

軸候補馬↓

人気ブログランキングへ

ついでにこっちもよろしくです↓

[最強]競馬ブログランキングへ

無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

今週はフェブラリーSの最終予想をメルマガ配信します。

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

スポンサードリンク




==========PR==========

ーフェブラリーS確定情報ー

多くは語りません。コラボ指数で決まりです。

━━━━━━━━━━━
☆4年連続指数上位馬決着

☆4年連続指数1位は馬券
☆3年連続指数1位2位は馬券
━━━━━━━━━━━
2018年/3連単41,560円

1着ノンコノユメ   指数2位

2着ゴールドドリーム 指数4位
3着インカンテーション指数1位

2017年/3連単9,240円

1着ゴールドドリーム 指数4位

2着ベストウォーリア 指数1位

3着カフジテイク   指数2位

2016年/3連単16,010円

1着モーニン     指数1位

2着ノンコメユメ   指数2位

3着アスカノロマン  指数6位

2015年/3連単12,370円

1着コパノリッキー  指数1位

2着インカンテーション指数7位

3着ベストウォーリア 指数1位
━━━━━━━━━━━
これ以上言う事はありません。メルマガ登録のみで指数上位馬無料で確認できます。

当日会員内北条のブログへ
→フェブラリーステークス指数上位馬を見る
(無料なのでご安心ください。)

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする