札幌記念2017のレース結果分析

今回は昨日行われた札幌記念のレース結果を分析していきます。

まずは、全着順を書いておきます。

1着  サクラアンプルール

2着  ナリタハリケーン

3着  ヤマカツエース

4着  サウンズオブアース

5着  エアスピネル

6着  ロードヴァンドール

7着  タマモベストプレイ

8着  マウントロブソン

9着  アングライフェン

10着 サングラス

11着 ツクバアズマオー

12着 ディサイファ

13着 マイネルミラノ

6番人気→12番人気→1番人気の結果で、三連単の配当は20万を超える波乱の結果となりました。

レースを振り返って行きます。

スタートでロードヴァンドールが左に反れ、マウントロブソンと接触してしまいます。

ロードヴァンドールは、そこからハナを主張していきますが、マウントロブソンはダッシュが付かず置いて行かれます。

正直マウントロブソンはこの時点でアウト。

最後までレースに参加させてもらえませんでした。

ロードヴァンドールがハナに立ち後続をやや離していきます。

続くのは、タマモベストプレイ、サウンズオブアース、マイネルミラノ。

エアスピネルも外から好位に取りついて行きました。

サクラアンプルールは中段の内、ナリタハリケーンはサクラアンプルールの1列後ろの内に位置しました。

道中捲っていく馬はおらず、そのまま3コーナーへ。

コーナーでも隊列はほとんど変わらずでしたが、4コーナーで各馬一気に先団に取りついて行きます。

先頭のロードヴァンドールに、マイネルミラノ、エアスピネル、ヤマカツエース、サクラアンプルールが並びかけます。

直線では、サクラアンプルールが一気に抜け出しそのまま勝利。

ナリタハリケーンは大外から差し脚を伸ばし2着。

3着には自力に勝るヤマカツエースでした。

次に、レースのラップを見ていきます。

1ハロンごとのラップを順に書いていきます。

(12.7,11.0,11.7,13.0,12.3,12.1,11.9,11.9,11.8,12.0)

走破タイムは2分00.4秒。

意外と遅いタイムになりました。

ロードヴァンドールの単騎逃げでペースはスローペース。4ハロン目は13秒と一気にペースを落とせました。

そこからも極端にペースが上がることは無く、直線でのキレが問われる形になりました。

展開、馬の特性的にもサクラアンプルールに向く流れでしたね。

以上札幌記念のレース分析でした。

今回はここまで。

また次回もよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする