【2019年3歳馬ランキング】クラシック候補はこの馬!!

今回は特別編。

2019年の3歳戦線も皐月賞、桜花賞とトライアルレースが終わり、後は本番を残すのみとなってきました。

ここから競馬がどんどん楽しくなってくる時期ですね。

今年のダービー馬はどの馬なのか?

オークス馬は?

トライアルレースが終わった時点での有力馬一覧をまとめてみました。

私個人的なランキングにして牡馬、牝馬と分けて考えてみましたので是非とも見て行ってください!

スポンサードリンク




2019年3歳馬ランキング

ランクを牡馬、牝馬それぞれS、A、B、Cのランクに分けて行こうと思います。

基本的にはトライアルレースで好走した馬を見て行きます。

牡馬

Sランク

サートゥルナーリア

ぶっつけ皐月賞になりますが、素質が違う。

ここは仕方ないかと。

ここまで3戦3勝。G1のホープフルSも快勝でした。

シーザリオの仔で兄にはエピファネイア、リオンディーズがいる超良血。

父は流行りのロードカナロアと魅力十分ですね。

兄たちとは違いかなり乗りやすい馬という印象で、立ち回り戦も得意。

ぶっつけ皐月賞というのは心配ではありますが、昨年のアーモンドアイもぶっつけ桜花賞で化け物みたいな競馬をしました。

現段階では皐月賞、ダービーと文句なしの2冠候補。

Aランク

アドマイヤマーズ

まずはこの馬ですね。

朝日杯FSの勝ち馬。

今年の始動戦は共同通信杯で2着。叩きのレースとしては上等でしょう。

勝負根性が持ち味の馬で馬体を併せてから本領を発揮するタイプ。

自ら仕掛けて根性勝負に持ち込むことが出来ればクラシックでも上位に入れるでしょう。

ただ、共同通信杯のようにスローからの切れ勝負になったら分が悪いと思います。

そしてダイワメジャー産駒という事もあるい距離には不安はある。

皐月賞の2000mがギリギリだと思いますのでダービーは厳しい。

ヴェロックス

まだ重賞勝ちこそありませんがこの馬にはかなり期待しています。

好メンバーが揃っていた東スポ杯2歳Sで4着。

今年に入ってからは若駒S、若葉Sを勝利し確実に賞金加算してきました。

どちらかというと上りが掛かるレースの方が得意なタイプで33秒台の上りを求められるレースは苦手でしょうか。

タフな展開になれば力を出せるタイプです。

先行力、立ち回り力もありクラシック向きの馬だと思います。

新種牡馬ジャスタウェイ産駒という事で期待も高まりますね。

Bランク

ダノンキングリー

前途した共同通信杯でアドマイヤマーズに勝った馬です。

末脚のキレは一級品で末脚勝負になれば勝負になると思います。

ここまで3戦3勝とまだ底を見せていない馬でもあります。

究極の瞬発力勝負となれば面白い馬ではありますね。

ニシノデイジー

札幌2歳S、東スポ杯2歳Sを重賞2勝。

能力はある馬なのですが、鞍上ですよね。

主戦は勝浦騎手。

この騎手がクラシックを沸かすとは到底思えず。

サトノルークス

すみれSを勝利しています。

倒した相手はホープフルS2着のアドマイヤジャスタ。

取引金額は2億9000万円とかなり期待されている馬です。

タッチングスピーチの弟で血統面での後押しもあります。

距離は伸びても大丈夫だと思いますのでダービーで面白いイメージですね。

Cランク

ダノンチェイサー

取引額2憶7000万円の素質馬。

きさらぎ賞を勝っています。

まだまだ余裕のある勝ち方でしたので上積みもあると思います。

ただ、これまで戦ってきた相手はそれほど強くなく、一気にレベルアップする皐月賞で真価が問われそうですね。

メイショウテンゲン

皐月賞の最大ステップレースである弥生賞の勝ち馬です。

恐らくですが、道悪に相当な適性があると思います。

時計が掛かれば掛かる程期待値は上がりそう。

当日大雨が降っているようなら一考してもいいかと。

ファンタジスト

小倉2歳S、京王杯2歳Sと重賞2勝。

距離の壁があると思われていた馬でしたが、スプリングSで1800mの距離を克服してきました。

ただ、本質はもっと短い距離だと思いますので、さらに200m延長してどうかですね。

牝馬

続いて牝馬戦線を見て行きます。

Sランク

ダノンファンタジー

新馬戦こそ敗れましたがそこから4連勝。

阪神JF、チューリップ賞を勝利しており、牝馬クラシック路線の主役ですね。

末脚強烈な馬ですが、折り合いに若干の難があり、前走チューリップ賞も折り合いはギリギリだった。

ペースは流れた方がよさそうで、希望通りの展開になれば当然勝ち負けでしょう。

Aランク

グランアレグリア

新馬戦ではダノンファンタジーに勝利。

素質はかなりのものがあります。

サウジアラビアRCで牡馬を倒して重賞勝ち。

果敢に朝日杯FSに挑みましたがアドマイヤマーズにプレッシャーをかけられ直線では思うように伸びませんでした。

どれだけ道中楽に競馬が出来るかがポイントになってきそうです。

先行力あり、そのまま押し切る競馬が持ち味。

展開次第ではダノンを再び喰ってしまうかもしれませんね。

クロノジェネシス

とにかく末脚特化型。

溜めれば溜めるだけキレる馬です。

阪神JFでも2着で、クイーンCも他馬より1キロ重い斤量の中完勝でした。

外差しがハマりやすい桜花賞ではまず有力と見たい所。

Bランク

ビーチサンバ

阪神JF3着、クイーンC2着と世代でも上位の力はある馬です。

ただ、クロノジェネシスとの勝負付けは済んだ感じはしますね。

さらに上位に割って入る程の力は無いでしょうか。

コントラチェック

桜花賞には向かわないようですが、フラワーカップを完勝。

後続を寄せ付けない逃げが持ち味ですね。

相当強い馬だと思いますが、中山適性が高いような気もします。

クラシックでどうこうという馬ではなさそうですね。

Cランク

シェーングランツ

アルテミスSの勝ち馬ですが、その後パッとしない競馬が続いています。

ソウルスターリングの妹で、姉同様トビが大きく不器用な馬。

加速に時間がかかり一度ブレーキをかけてしまうと立て直しが効きにくい馬です。

そういう意味では桜花賞、オークスでは枠順次第ではハマる可能性はありそうですね。

人気が無いなら押さえておいてもいいかも。

プールヴィル

フィリーズレビューの勝ち馬です。

阪神JFでも展開不利の中粘り通し5着になっています。

差しが決まりやすい牝馬クラシックでは何か違う気はしますね。

ルガールカルム

トライアルレースのアネモネSの勝ち馬です。

牡馬相手のクロッカスSでも2着があり、負けたのは後にスプリングS3着のディキシーナイト。

さすがに勝ち負けまでは厳しいかもしれませんがひょっこり掲示板位なら十分にあり得る。

以上3歳戦線の力関係をまとめてみました。

トライアルレースが荒れに荒れているせいで特に牡馬戦線は大混戦ムード。

ここで取り上げた馬が活躍することを祈っています。

普段は今週行われるレースの予想を行っています。

その注目馬等々はブログランキングの方にて書いていますので、是非とも見て行ってくださいね!

今週の注目馬↓

人気ブログランキングへ

ついでにこっちもよろしくです↓

[最強]競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク




==========PR==========

毎週無料情報盛りだくさん!

精度の高い無料情報はこちら↓

上画像をクリックして無料登録へどうぞ!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。