【バレンタインステークス2018の予想】予想オッズや出走馬分析等々~重賞級の好メンバー。人気の中心はベストマッチョ!~

今回はバレンタインステークスについて書いていきます。

気付けば来週はバレンタインデーですね。

男子の諸君。チョコは貰えそうですか?

かく言う私は職場のおば様方から少々頂くくらいかなと(笑)

(上の写真の様な状況には憧れますね)

前置きはこのくらいにして肝心の競馬の方へ。

バレンタインステークスは東京1400mダートで行われるOP特別レース。

共同通信杯が行われる為注目度合いは低そうですが、重賞でも戦えるメンバーもチラホラ見られ、ハイレベルなレースが見られるのではないでしょうか?

ここを的中させ、共同通信杯、京都記念の重賞資金を増やしましょう!!

スポンサードリンク




予想オッズ

まずは予想オッズをご覧ください。

ベストマッチョ   2.4

ラインシュナイダー 4.3

サトノファンタシー 5.0

レッドゲルニカ   6.8

(netkeiba.comより引用)

ここまでが一桁台のオッズとなりそうです。

この人気馬で決まるのか?

次は過去の傾向を見ていきましょう。

過去の傾向分析

実はバレンタインステークスは昨年からこの時期のダートで行われているレースで過去のレースと言っても1年分しかありません。

そこで、過去10年の東京1400mダートOPクラスのレースのデータを見ていきます。

(今回はTARGETのソフトを利用しています。)

人気

1番人気と2番人気の好走率は同じくらい

穴馬の台頭も目立ちますね。

枠順

枠順的には外枠有利な傾向

しかし、平均人気と着順の関係を見ると穴を空けるのは内枠の馬でしょうね。

脚質

好走率で言うと逃げ先行馬が有利です。

しかし、注目して欲しいのが水色の部分。

上がり3ハロンの順位ですが、速い上がりを使える方が好走率、回収率共に優秀

最後方一気も決まりやすく、速い上がりを使える馬には要注目です。

上位人気馬の考察

続いて上位人気馬の考察をしてきましょう。

ベストマッチョ

近走は1200mで結果を出していますが、元々は東京専用騎と思われていた馬。

特に1400もは相性が良い馬で、普通に今回も有力でしょう。

昨年のバレンタインSも2着になっている馬ですが、昨年からは斤量が1キロ増えます。

好位を取れる脚質ですが、上がり自体は上位3位以内に入れるかは微妙。

末脚勝負になると分が悪そうな気がしますね。

ラインシュナイダー

昨年秋の同舞台で行われたグリーンチャンネルCでは2着と好走。

続くギャラクシーSでは差し馬が上位を独占する中、唯一前目で残しました。

能力自体は高い馬だと思いますが、上がり自体はそこまで速くない。

ベストマッチョと同様の評価ですね。

サトノファンタシー

準OP卒業までは一度も馬券外が無かった馬ですが、OPクラスに上がり3連敗。

クラスの壁にぶち当たっている印象ですね。

それでいて人気するようなら、逆に嫌いたい馬だと思います。

レッドゲルニカ

昨年春の欅Sで3着。

エイシンバッケン、アキトクレッセントに次いでの3着は評価できますね。

渋った馬場も得意で展開次第では速い上がりも使えます。

56キロで出れますし面白い存在だと思います。

以上過去の傾向や出走馬分析を行ってきました。

上位人気馬は強そうですが、穴馬でも面白い馬はいそうです。

最後にブログランキングにてバレンタインステークスで狙いたい穴馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

穴馬①↓

人気ブログランキングへ

穴馬②↓

[最強]競馬ブログランキングへ

無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

バレンタインステークスの最終予想もメルマガ配信します。

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

スポンサードリンク




==========PR==========

【重賞3レースの共通点】上位4頭と赤文字

京都記念・共同通信杯・クイーンCについて的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って詳細を分析しました。

僕はこの分析方法で東京新聞杯、きさらぎ賞共に3連単的中させました。
詳細については下に書きますが、今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちら
から登録してください。

ちなみに先週の的中率は
3日(日)単勝79.2%、3連単41.7%
4日(日)単勝79.2%、3連単45.8%
約2回に1回3連単を的中させる実績を出しています。

指数というのは便利なもので、データの蓄積で予想精度が上がるので注目すべきは直近の過去データ、つまり「2017年のデータ」です。
それでは、分析結果です。

京都記念
昨年5着まで指数の予想順位を調べてみました。
すると、1着から4着まで指数予想の1位から4位までで決着し万馬券を手に入れる恐ろしい結果でした。つまり、注目すべき点は「上位4頭」です。
この京都記念の指数予想はサイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼、無料公開されます。
是非チェックしてみてください。
⇒ こちら

共同通信杯
2017年の1着から4着は指数3位までの馬が入る結果となりました。
これだけでもすごい的中率ですが、2着は単オッズ25.6倍、指数6位の馬と予想がずれました。
しかし、この馬を見抜く方法を見つけました。
それは「コラボ@指数赤文字の馬」で馬券を組み立てること。

1着から6着まで全て赤文字の馬です。是非参考にしてみてください。

クイーンC
データが蓄積されたからこそ2017年は上位4頭で決着。
つまり、京都記念と同じく注目すべき点は「上位4頭」です。

あなたの予想は何ですか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒ こちら

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする