【京都金杯2018】予想と出走馬考察~一年の計は金杯にあり!ロケットスタート決めるよ~

今回は京都金杯について書いていきます。

2019年の一発目に行われる重賞の東西の金杯。

「一年の計は金杯にあり」とも言われるほどで、競馬関係者や我々のような馬券購入者にとっても特別なレースでもあります。

ただ、フルゲートのハンデ戦ということで一筋縄ではいかないレース。

予想を怠っていては当たりません。

しっかり予想して、ここを的中させて2019年のロケットスタートを決めていきたいですね。

まずはいつも通りアンケートからお願いします。

では予想へ参りましょう!!

スポンサードリンク




京都金杯の予想

過去10年のデータ

まずは過去10年のデータから見ていきます。

枠順

内枠有利ですね。

開幕週らしい傾向ですね。

人気

1番人気から7番人気までがほぼ同じ好走率。

明らかに力の足りない馬は厳しいですが、ハンデ戦らしく紛れはありそうですね。

年齢

4歳から6歳までが有力。

基本的には若いフレッシュな馬がよさそうですね。

斤量

ハンデは重いほうが好成績。

実績馬中心でいいと思います。

脚質

前の馬が好成績。

開幕週京都の特徴でもありますね。

予想オッズ

次に予想オッズを見ていきます。

パクスアメリカーナ 2.3

サラキア 3.7

カツジ 4.9

グァンチャーレ 6.8

ロードクエスト 8.7

期待の4歳馬パクスアメリカーナが抜けた人気になりそうですね。

さらに4歳馬が続き、サラキア、カツジ。

実績馬のグァンチャーレ、ロードクエストが続いていくオッズになりそうですね。

==========PR==========

上画像から無料登録へどうぞ!

上位人気馬の考察

続いて上位人気馬を見ていきます。

パクスアメリカーナ

長期休養明けの前走は快勝。

好位から最速の上りを使う完璧な競馬でした。

2着馬に4馬身をつける内容で、かなり強い内容。

ここで人気するのも当然ですし、ハンデ55キロも魅力ですね。

京都の舞台も得意で、ケイアイノーテックも倒している舞台です。

普通に好走して当たり前だと思います。

1点懸念点を挙げるとすれば、東京のイメージが強いクロフネ産駒と言う所でしょうか。

サラキア

ローズステークス2着、秋華賞4着と世代でも上位の力を持っている馬です。

秋華賞ではアーモンドアイと0.5秒差だったと考えると優秀ですね。

ローズS、秋華賞とともに僅差の競馬をしたカンタービレもエリザベス女王杯で6着でしたし、GⅢレベルなら通用して当然でしょう。

斤量53キロも恵まれたと思いますが、開幕週向きの脚質とは言えず。

実力は高い馬ですが、半信半疑なところはありますね。

カツジ

前走マイルCSではあわやの4着。

驚きの結果でした。

しかし、イン差しが上手くハマった感じがあり、着順だけで決めつけるのは尚早か。

NZT、デイリー杯2歳Sでケイアイノーテックを2度も倒しており、力はある馬なのですが、

如何せんこの馬も脚質が極端。

開幕週でどうかですね。

グァンチャーレ

京都巧者として有名な馬ですが、前走は東京で勝利。

メンバーもそこそこ揃っていましたので価値のある勝利だったと思います。

京都マイルで馬券を外したのはマイラーズカップのみ。

サングレーザー、エアスピネル、モズアスコットとGⅠ級のメンバーだったので、仕方ないでしょうね。

ハンデも56.5キロなら十分勝負になると思いますし、先行できる脚質もプラスでしょう。

この馬は重視したいですね。

ロードクエスト

スプリントに行ったり、マイルに行ったり忙しい馬ですね。

スワンSでは差しが見事にハマりモズアスコットにも勝利。

前走マイルCSこそ大敗しましたが、GⅠレベルの馬じゃなかっただけ。

前に行ける脚質でもありますし、どんな作戦をとってくるかでこの馬の評価は変わりそうですね。

ハンデ57キロは許容範囲内でしょう。

前に行くなら買いたい馬ですね。

以上過去の傾向や上位人気馬を見てきました。

枠順と展開で大きく予想が変わりそうですので、まだまだ最終結論は先になりますが、

現段階で狙いたい馬、狙いたくない馬とある程度目星はつけれました!

2019年ロケットスタート決めていきますよ!!

最後にブログランキングにて京都金杯での注目馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

注目馬①↓

人気ブログランキングへ

注目馬②↓

[最強]競馬ブログランキングへ

無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

今週は東西金杯の最終予想をメルマガ配信します。

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

スポンサードリンク




==========PR==========

京都金杯データ検証開始

京都の有栖川に住んでて、京都金杯にかけてるデータ美女馬券師エマです。

ワタシの全力考察をご確認ください。

①長距離血統の先行馬
前に行って粘りこむような馬か、その馬たちをキレで差し切る馬のどちらかが好走する傾向。15年7番人気3着のマイネルメリエンダや16年13番人気2着のテイエムタイホーのような欧州系血統を持っている先行できる穴馬を狙いたい。
②内枠が圧倒的に有利なレース
18年こそ外枠馬が2頭馬券に絡んだが、13年~17年の3着内15頭中13頭が一桁馬番の馬。しかも最内の1枠馬が15頭中5頭と極端な偏りを見せている。開幕週の開幕日のレースなのできれいな内目の先行馬はなかなか止まりません。
③高齢馬は割引
過去10年の優勝馬10頭は全て6歳以下。ちなみに、1963年の第1回までさかのぼっても、7歳以上の馬で

優勝を果たしたのは1987年のドウカンヤシマ(7歳)のみ。極端な高齢馬は実績馬でも評価を下げるべきデータ。現時点での注目馬

・グァンチャーレ

約半年ぶりの前々走スワンSが安田記念馬のモズアスコットと差のない競馬。
前走のキャピタルSもOP特別ながら骨っぽいメンバーが揃ったレースで優勝。
どちらも内枠を引いて好走しているのでここも同じく内枠を引ければチャンス。

・アドマイヤアルバ

近走は後方からの競馬が続いており、負けが続いているがマイル前後の距離で先行する競馬を続けていたときは好走していた。まだ騎手が未定だが前につけてしぶとく粘りこむ競馬をしてくれれば重賞級の力はある。

ワタシの考察はこんな感じなのですが、金杯は荒れる、落ち着かない!そんな印象がするレースです。グァンチャーレ、アドマイヤアルバあたりがワタシの信頼してるコラボ指数でも上位の場合、配当はよさそうな気がしてます。
自己予想×コラボ指数で答え合わせからの馬券へ!!

そんな買い方を毎週してて去年重賞も結構的中してきてます。

エリザベスのクロコスミアもコラボ指数値で30以下でしたので最後に組み込んで3連単的中。
こういう風にいいタッグ組んでると自負してます。(勝手にこの指数サイトさんに感じてます。)

一応サイトはコチラです。うまとみらいと

確認メールきたらクリックしてログインすると今週のコラボ指数があるのでチェック重要です。京都金杯は無料で見れるのではじめての方はまずここから!゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする