【大阪杯2019の予想】過去の傾向や1週前追い切り診断等々~超豪華メンバー集結!マジ楽しみ~

今回は大阪杯の予想について書いていきます。

超豪華メンバーが集結した今年の大阪杯です。

ダノンプレミアムの名前がないのがやや残念ではありますが、それでもG1馬が7頭と目移りしてしまいます。

どの馬から入ろうか今から1週間しっかり悩んでいきます。

そして最終的には大本線的中を目指して予想していこうと思います。

まずはアンケートから。

では予想へ参りましょう!

スポンサードリンク




大阪杯の予想

過去10年のデータ

まずは過去のデータから。

この大阪杯がG1になったのは2年前から。

それ以前は天皇賞春のステップレースとして使われていたので各馬の意気込みが違うと思いますが、条件は同じですのでデータは見て行きます。

枠順

外枠有利な傾向ですね。

1枠、2枠は割引です。

人気

大荒れは無さそうですね。

2桁人気馬の台頭はありません。

6番人気までで考えたい。

年齢

4歳馬、5歳馬の若い馬が圧倒的。

G1になってからも4歳馬が3頭、5歳馬が2頭とほとんどを若い馬が馬券を占めています。

脚質

差し、追い込みも決まるレースですね。

上りの速い馬は期待値は高いと見ていいでしょう。

予想オッズ

次に予想オッズを見て行きます。

ブラストワンピース 3.2

キセキ 4.5

ワグネリアン 5.0

ペルシアンナイト 6.8

ステルヴィオ 8.6

サングレーザー 10.8

エアウインザー 11.4

アルアイン 18.3

エポカドーロ 20.1

豪華なメンバーですのでオッズ自体は混戦模様ですね。

どの馬がどの枠に入るかでも大きく変わってきそうですね。

現段階ではブラストワンピースが人気の中心。

ただ、競ったオッズで続いていきます。

==========PR==========

上位人気馬の考察と1週前追い切り診断

続いて上位人気馬の考察の1週前追い切りを見て行きます。

ブラストワンピース

昨年の有馬記念の勝ち馬。

クラシックではもう少しの所でタイトルを逃しましたが古馬相手で初のG1勝利。

差し決着になり展開が向いた所もありましたが強かったですね。

持っている素質自体は一級品で、ダービーでも2番人気に推された程。

有馬記念は勝っているものの本質は大箱競馬場で直線の長いコース向きだと思います。

そういう意味では内回りの大阪杯は適性とは違う気はします。

大目標は天皇賞春だと思いますし、1番人気で買うかと言われると微妙。

少なくとも軸ではないか。

<1週前追い切り>

美浦南W

81.6-65.6-50.9-36.5-12.1 一杯

一杯に追われ好タイムを出してきました。

終いも12.1秒と抜群のキレです。

ただ、併せた相手に喰い下がられていたと言う所は少し気になりますね。

デキ自体は悪くないと思いますが。

キセキ

昨年秋の競馬を大いに盛り上げた馬ですね。

天皇賞秋3着、ジャパンカップ2着です。

有馬記念でも展開不向きの中5着に粘っていますし、能力はここでも上位の存在でしょう。

逃げの手を打つようになってから安定感が増した感じで、強気な競馬をする川田騎手とはベストマッチ。

馬のタイプ的にはキタサンブラックの下位互換というのがピッタリハマる印象で自分でレースを作るので不発は少ないタイプ。

この馬も天皇賞春は目標だと思いますが、ブラストワンピースよりはこっちを上に取りたい。

<1週前追い切り>

栗東CW

83.7-65.8-51.3-37.5-12.0 一杯

長めの距離をびっしり追われてきました。

時計も出ていますし、大きなフットワークでいい動きでした。

昨年の毎日王冠の時よりもいい内容だったと思います。

休み明けですが力は出せる内容かと。

ワグネリアン

昨年のダービー馬がここから復帰です。

神戸新聞杯以来のレースとなります。

この馬は確実に大箱競馬場がストライクゾーン。

この馬が負けた2度のレースはいずれも中山競馬場でのものです。

皐月賞とリンクがあるこのレースですので小回り適性というのは重視したい所。

今年に入って長期休養明けの馬の好走が目立ちますが、ここは軽視していきたいですね。

<1週前追い切り>

栗東芝

78.3-63.1-49.0-35.4-11.2 馬也

芝追いですが、時計はかなり速いですね。

終い11.2秒とキレは健在です。

個人的には芝追いは嫌いたいのですが、ミスターメロディも芝追いで高松宮記念を制しましたし、そこまで嫌うものでもないのかもしれませんね。

ペルシアンナイト

昨年の2着馬です。

皐月賞でも2着があり、このようなコース形態は得意なのでしょう。

前走金鯱賞は4着と敗れましたが、元々叩き良化型の馬。

春の目標はここだと思いますので期待したいですね。

差しハマる展開なら当然有力でしょう。

<1週前追い切り>

無し

金鯱賞から間隔は短いので時計を出した追い切りはありません。

最終に注目です。

ステルヴィオ

昨年のマイルCSを勝ちG1馬になりました。

毎日王冠でも前有利な展開の中1頭差してきてキセキにも先着。

今年の始動戦となった中山記念でも3着。

上りは最速で前に行った馬に有利な展開でしたので良く走った方でしょう。

差しが決まりやすい大阪杯となればこの馬の末脚が活きてくるのではないでしょうか。

ただ、不安点は鞍上ですかね。

今回も丸山騎手です。

ルメール騎手の代打という意味合いは強そうです。

まぁ丸山騎手も今年に入って重賞をすでに3着していますので、気にするほどでもないかもしれませんが。

<1週前追い切り>

美浦南W

78.6-63.8-49.3-35.7-12.5 一杯

速いですよ。

4ハロンを50秒切ってきました。

馬場の内目を通っての物でしたがそれでも速い。

併せ馬も一瞬で置き去りにしていますし、前走を叩いた効果はありそうですね。

1週前の時点では非常に高い水準で仕上がっていると思います。

サングレーザー

マイル適性が高いと思われていた馬でしたが、昨年の札幌記念を勝ち、天皇賞秋で2着と2000mまでこなしてきました。

ただ、札幌記念は内を完璧に立ち回り、天皇賞秋はマイラーのスピードが活きたレースだった。

2000mのガチンコ決戦でどこまで戦えるか。

ここが試金石でしょう。

<1週前追い切り>

この馬の厩舎は日曜日に負荷を掛けてきます。

その為24日の内容(実質の最終追い切り)を書きます。

栗東坂

50.4-36.6-24.1-12.4

時計が出やすい馬場状態ではありますが、それでも速いですね。

自己ベストを更新してきました。

海外帰りの休み明けになりますが、デキ自体は良さそうですね。

エアウインザー

フルゲート割れとなりましたので出走できましたね。

出てくるメンバー次第ではギリギリだったかもしれません。

エアスピネルの弟という良血で出世に時間はかかりましたが能力は高い。

同舞台のチャレンジカップを圧勝しているように舞台適正も十分だと思います。

G1の舞台で力が足りるかと言う所が一番の考えどころでしょうか。

<1週前追い切り>

栗東坂

55.0-39.7-25.1-12.5 馬也

金鯱賞から間隔は詰まっていますが、併せ馬をしてきました。

時計自体は平凡ですが、坂路で時計を出すことが少ないこと馬にとっては十分の内容です。

前走後の疲れは無いと見て良さそうです。

アルアイン

昨年の3着馬です。

皐月賞を勝っており小回り急坂2000mはベストの舞台でしょう。

キレる脚は使えませんが機動力で戦うタイプ。

そういう意味ではキセキが作る競馬にはフィットする可能性は十分にありますね。

これだけ豪華なメンツですので人気は落ちますが好走する可能性はあると思います。

<1週前追い切り>

無し

金鯱賞から間隔が詰まっているため時計を出した追い切りは無し。

最終に注目です。

エポカドーロ

昨年の皐月賞馬で、ダービーも2着。

前走中山記念はいかにも前哨戦といったレースでしたね。

上位の馬とは瞬発力の差でしょう。

この馬もキレる脚は使えるタイプではなく、自ら動いて持久戦に持ち込めばチャンスはあると思います。

近走の敗戦から人気落ちしていますのでここが狙い目かもしれません。

不安点は騎手ですね。

阪神大賞典こそ勝利しましたが、戸崎騎手の関西競馬場の相性は悪いです。

<1週前追い切り>

栗東CW

81.0-65.4-51.0-38.1-12.0 馬也

馬場の大外を通ってのもので時計は上々。

併せ馬にも楽な手応えで先着しました。

1週前の内容としてはいい内容だったと思います。

デキ自体は良さそうですよ。

以上過去の傾向や上位人気馬を見てきました。

これだけ豪華なメンバーだとどの馬から入るかも迷いますね。

最後にブログランキングにて大阪杯での注目馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

注目馬↓

人気ブログランキングへ

ついでにこっちもよろしくです↓

[最強]競馬ブログランキングへ

やはり1週前追い切りの内容がいいですね。

馬の力も当然ですが、この人気で収まるなら大勝負するかもしれません。

無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

今週は大阪杯の最終予想をメルマガ配信します。

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

スポンサードリンク




==========PR==========

今週は春古馬G1の一戦目『大阪杯
ブラストワンピースワグネリアンキセキ
出走予定馬の名前を見ただけでもワクワクするレース!
そんな超豪華G1大阪杯の気になるデータを見つけたのでご紹介します!

◆大阪杯データ◆
【データ1】
春クラシック好走馬が強い
G1昇格後の馬券圏内6頭中4頭が3歳時の春クラシック戦で3着以内に入ったことがある馬!
3歳春の段階でいいパフォーマンスを見せていた馬が強そう。
【データ2】
若い馬の方が有利
過去10年で勝率、連対率、3着内率すべて4歳馬がトップ!

データ1.2から買いたい馬は4歳馬で去年の春クラシック好走馬。
エポカドーロ⇒皐月賞1着
ワグネリアン⇒ダービー1着

こちらは先週の的中結果。
俺の競馬さんらしくデカい配当を当てています!
G1馬が8頭も出ていてどこから買えばいいか見当がつかないレース。。。
俺の競馬さんに丸乗りして買ってみるのも全然ありだと思います。

大阪杯の予想を見に行く→(無料)

毎週無料で重賞の買い目が見れるのでお得ですね。
確認メールきたらクリックしてログイン!
はじめての方はまず無料情報でお試しください!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。