札幌記念の枠順発表と見解

今回が初めての投稿となります。

今後ともよろしくお願いします。

今回は8月20日に行われる札幌記念の発表された枠順と、それに関する見解を書いていきます。

まずは、発表された枠順をご覧ください。

1  サクラアンプルール  蛯名

2  ナリタハリケーン   藤岡康

3  ヤマカツエース    池添

4  ロードヴァンドール  太宰

5  マウントロブソン   モレイラ

6  タマモベストプレイ  吉田隼

7  サウンズオズアース  横山典

8  ツクバアズマオー   勝浦

9  ディサイファ     四位

10 サングラス      藤岡佑

11 アングライフェン   福永

12 マイネルミラノ    丹内

13 エアスピネル     ルメール

いかがでしょうか。

人気どころで言うと、

ヤマカツエースが3番。

マウントロブソンが5番。

サウンズオブアースが7番。

エアスピネルが13番。

となりました。

全体的に有力馬は真ん中~内に集まっている印象を受けますね。

そもそも札幌記念は内枠が有利なのか、外枠が有利なのかを見ていく必要がありそうですね。

それでは、過去何枠が馬券になっていたのかを振り返って行きます。

・2016年

7枠→8枠→1枠

・2015年

6枠→3枠→3枠

・2014年

5枠→4枠→6枠

・2013年

7枠→7枠→4枠

・2012年

4枠→3枠→3枠

中~外枠が有利な傾向がありますね。

しかし、極端な外枠も有利という訳ではないようです。

今回は波乱含みの一戦となりそうです。

個人的に注目している馬として、

4番 ロードヴァンドール

を挙げておきます。

前途した有利な枠順とは逆になりますが、逃げ馬にとって内枠はプラスでしょう。

以上今回はここまで。

競馬予想以外にも競馬の魅力をお伝えできればと思いますので、次回以降の記事も書いていきますので、ぜひともご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする