朝日杯フューチュリティステークス(FS)2017の予想~過去の傾向や展開予想もありますよ~

今回は朝日杯フューチュリティステークスについて書いていきます。

まず、関係ない話題から入りますが、

「フューチュリティ」って何や!?

読みにくいし、書きにくいわ!!

なので、以下は朝日杯FSって書きますね。

一応意味を調べてみますと、

フューチュリティ=Futurity=未来

らしいです。2歳戦ですので将来を見据えた一戦と言う事ですね。

2歳牡馬のチャンピオン決定戦の位置付けにあるレースですが、

阪神JFとは違って、クラシックとは直結しにくいレースで、近年でクラシックで活躍した馬と言えばロゴタイプ、エアスピネル位でしょう。

牡馬クラシックは皐月賞の2000mが最短で、阪神1600mとは求められる適正が違います。

年末にはホープフルステークスもあり、さらには年明けから重賞が目白押し。

わざわざ適正外のレースを使う必要はありませんね。

どちらかと言うと近年はスプリント寄りの馬が集まる様になりましたね。

さて今年はどの馬が勝利をつかむのでしょうか?

スポンサーリンク




過去3年の朝日杯FS

2016年

1着 17番 サトノアレス(四位)      6番人気

2着 10番 モンドキャンノ(バルザローナ) 7番人気

3着  4番 ボンセルヴィーソ(松山)   12番人気

内から抜群のスタートを切ったボンセルヴィーソがハナを主張します。

続くのがレヴァンテライオン、クリアザトラック、外からトラストも前に行きます。

上位入選したサトノアレス、モンドキャンノは中団~後方の外を追走します。

ペースは1000m1分0.6秒のスローペースで流れます。先団はごった返していましたが、逃げたボンセルヴィーソに絡んでいく馬はいませんでしたね。

4コーナーでもサトノアレス、ボンセルヴィーソは外を回し距離ロス覚悟で末脚勝負に挑みました。

直線の攻防。

まず、逃げていたボンセルヴィーソが抜け出します。

その他の先行馬は伸びを欠き、差を詰めれません。

外からは1頭違う脚でサトノアレスが伸びてきます。

その後ろからモンドキャンノ、ミスエルテもジワジワ伸びてきますが、サトノアレスには追いつけず。

サトノアレスがそのまま差しきり1着。

2着には最後の最後にサトノアレスに迫ってきたモンドキャンノ。

3着には逃げ粘ったボンセルヴィーソでした。

断然の1番人気に支持されたミスエルテですが、結局4着という結果でした。

6番人気、7番人気、12番人気と波乱の決着となりました。

2015年

1着 15番 リオンディーズ(デムーロ)  2番人気

2着 11番 エアスピネル(武豊)     1番人気

3着 13番 シャドウアプローチ(中谷) 11番人気

ウインオスカーがハナを主張しそのままハナへ。

続くのは、ショウナンライズ、アドマイヤモラール、シュウジ。

エアスピネルが中団の外、その後ろにシャドウアプローチ。

後方の外にリオンディーズの位置取りとなりました。

ペースは1000mを1分ジャストのミドルペース

先行勢にはやや厳しい流れになりました。

4コーナーでエアスピネル、シャドウアプローチが外から押し上げて行き、少し遅れてリオンディーズも進出していきます。

直線では次々と先行馬が脱落していく中、外からエアスピネルが先頭へ。

武豊騎手のJRA全GⅠ制覇の偉業が見えたかと思いましたが、さらに外から一気にリオンディーズが差しきり勝利。

エアスピネルは2着。大きく離れた3着には、エアスピネルと同じような位置で競馬をしていたシャドウアプローチとなりました。

1、2着は人気馬での決着となりましたが、3着馬には11番人気の馬が入り、3連系の馬券は中々の好額配当となりました。

2014年

1着  2番 ダノンプラチナ(蛯名)  1番人気

2着  6番 アルマワイオリ(勝浦) 14番人気

3着 14番 クラリティスカイ(岩田) 3番人気

好スタートからアクティブミノルとセカンドテーブルがハナ争い。

アクティブミノルがハナを奪い、セカンドテーブルは2番手。

離れた3番手集団には、ジャストドゥイング、タガノアルザル、メイショウマサカゼが続いていきます。

中団の外にクラリティスカイ、後方の内にアルマワイオリ、さらに後ろにダノンプラチナの位置取りとなりました。

ペースは、1000mが59.8秒のやや速めのミドルペース。

先行勢には厳しいペースだったのではないでしょうか。

コーナーではクラリティスカイ、ダノンプラチナは外を回し、アルマワイオリは内を回ります。

直線では、先行勢も粘りますが、ラスト200mあたりからダノンプラチナとクラリティスカイが馬体を合わせて伸びてきます。

内からアルマワイオリも脚を伸ばしてきます。

最後はダノンプラチナが抜け出しそのまま1着。

アルマワイオリは迫りましたが2着まででした。

まとめ

過去3年のレースを見てきましたが、基本的な好走パターンとして、

・コーナーは外を回す

・速い上がりを使う

と言うのが好走パターンですね。

特に上がりタイムは重要で、3年連続上がり1位、2位が1着、2着を独占しています。

となれば人気は集めそうですが、タワーオブロンドンは有力視したい馬ですね。

その他穴で狙いたい馬についてはブログランキングにて発表しますね!

過去10年のデータ

枠順

枠順は比較的フラット。

枠による有利不利は少なそうですね。

しかし5枠の成績は極端に悪い死に枠になっていますね。

人気

比較的人気馬で決まっているように見えますが、近年は荒れる傾向にあります。

クラシック候補と言われる馬の参戦が少なくなってきており、能力が拮抗しているのが要因でしょう。

脚質

差し馬中心ですね。

中団で脚を溜め、直線で弾ける競馬が理想的ですね。

==========PR==========

独自の指数「コラボ指数」で楽々予想!
驚異の的中率!うまコラボ
無料会員登録で18レース分の指数が見れます。

上画像をクリックして無料会員登録へどうぞ!

======================

出走馬考察と最終追い切り診断

追い切り情報追記しました!

アイアンクロー

小倉2歳S2着の馬です。

小倉2歳Sは外有利の傾向があり、そのバイアスに乗じ好走しました。

前走ききょうSは、今回出走してくるタワーオブロンドンに完敗。

距離と阪神の急坂にやられた印象でした。

新馬戦では阪神競馬場でコーディエライトにも勝っている馬ですが、1200mでのもの。

そこからさらに距離も伸び、相手も強くなる今回は流石に厳しいのではないでしょうか?

<最終追い切り>

栗東坂 53.1-38.6-25.2-12.6 馬也

馬也で自己ベストを更新してきました。小倉2歳Sの時と比べても、躍動感のある動きで状態は良さそうですね。

アサクサゲンキ

小倉2歳Sの勝ち馬。

小倉2歳Sはアイアンクロー同様外有利の中外から競馬が出来た馬です。

前走京王杯2歳Sでも3着と好走しましたが、前有利のスローペースを先行しただけと行ってしまえばそれだけの物。

タワーオブロンドンにも完敗の状況で、カシアスにも先着を許してしまいました。

後半の伸びも今一つで1600mは長い印象ですね。

この馬も軽視の方向でしょう。

<最終追い切り>

栗東坂 51.5-38.0-25.1-12.9 一杯

終いは甘くなりましたが、自己ベストを更新してきました。

モズスーパーフレアと併せ馬で併入。

動き的には小倉2歳Sを勝った時と同じような動きに見えます。

こちらも力は出せる状態と見て良さそうです。

イシマツ

札幌競馬場で行われたクローバー賞に出走経験がありその時は4着。

ダブルシャープやタワーオブロンドンには完敗でした。

さらに今回は関西への輸送もあり状態面も心配ですね。

この馬は消し評価ですね。

<最終追い切り>

栗東坂 50.7-37.8-25.1-13.0 馬也

全体時計は好タイムをマークしましたが終いは伸びを欠きましたね。

あまり評価できる内容ではないと思います。

カシアス

函館2歳Sの勝ち馬です。

函館で2戦2勝と洋芝巧者の可能性もありましたが、前走京王杯2歳Sでは2着に好走。

中央でもやれるところを見せました。

京王杯2歳Sでは、距離不安からか最小限の距離ロスでの競馬でした。

この馬も距離が延びるのは歓迎ではないと思います。

内枠に入りスローペースで先行出来ればまだチャンスはあるかといったレベルでしょう。

<最終追い切り>

栗東坂 54.6-39.6-25.4-12.2 馬也

最終追い切りを坂路で行ってきました。

最終追い切りを坂路で行ってきたのは実は初です。

全体時計自体は平凡ですが、終いは切れました。

動き自体は前走と同じくらいでいい意味でも悪い意味でも状態維持という感じでしょうか。

ケイアイノーテック

前走デイリー杯2歳Sでは3着と好走しました。

内から伸びてきた馬が上位になったレースでしたが、この馬は4コーナーで大外を振り回しロスが多い競馬をしてきました。

最後まで伸びてきてフロンティアを交わしたという事は評価できますが、終いの脚はもっと伸びてほしかった所。しかし、休み明けという事を考えると気にはならないか。

休み明けを叩いて末脚の粘りが増して来ればまだ好走可能かと思います。

<最終追い切り>

栗東坂 50.8-37.2-24.6-12.5 強め

騎手を背に好時計をマークしてきました。

時計自体は前走の時も出ていましたが、坂を真っ直ぐに駆け上がって行くフォームは良く見えました。

前走と同様もしくはそれ以上のデキにあると思います。

ケイティクレバー

前走京都2歳Sは3着に好走しましたが、完全に展開に恵まれての物でした。

良績が京都に集中しており、阪神競馬場では2戦2敗と相性の悪いコース

さらに速い上がりが問われるレースで、厳しい展開になるのではないでしょうか。

<最終追い切り>

栗東CW 87.3-69.5-53.8-39.1-11.9 G仕掛

動き的には前走の時の方が良く見えます。

前走からの感覚は短く、状態の上澄み自体は見られませんね。

個人的にはあまりいいとは思えませんでした。

ステルヴィオ

前走サウジアラビアRCでは最速の上がりを繰り出し2着に好走しました。

勝ったダノンプレミアムは強い勝ち方をしましたが、あの絶望的な位置から追い込んできたことを考えるとこの馬も相当強いと思います。

末脚のキレは確かなもので末脚勝負なら勝機も十分ありそうです。

ただ唯一気になるのが鞍上ルメールがタワーオブロンドンを選択した所です。

騎手がこの馬よりも勝つ可能性が高いと思ったという事でしょう。

その点でやや評価を下げる形

<最終追い切り>

美浦南W 53・8―40・0―13・3 馬也

3頭併せ馬の内側を走り、クビ差先着という内容。

時計自体も出ていますし、活気のある動きも見せており良い追い切りだったと思います。

ただ、新馬戦での最終追い切りとあまり変わらない様にも見えました。

追い切り自体は良かったと思いますが、成長しているかは?な所はあります。

タワーオブロンドン

鞍上のルメールがこの馬を選んだという事が最大の評価点。

2年連続で勝っている騎手ですので、この馬も期待大ですね。

前走京王杯2歳Sでは33.2秒の最速の上がりを繰り出し完勝。

末脚の破壊力は圧倒的で、スローペースでもハイペースでも対応できています

3走前のクローバー賞ではダブルシャープに敗れてしまいましたが、最速の上がりを繰り出しており、ダブルシャープは内を立ち回ったのに対し、この馬は大外ぶん回しの競馬でした。

競馬の内容を考えるとこの馬の方が強い競馬をしたことは間違いありません。

1400mではありますが、阪神競馬場も経験済で坂に関する適正もよさそうですね。

人気を集めそうですが特に嫌う要素も無く普通に重視してもよさそうですね

<最終追い切り>

美浦坂  53.2-38.5-24.6-12.1 馬也

古馬1600万クラスの馬を1馬身ほど前に置き、半馬身ほど先着。

時計も素晴らしい加速ラップを刻み、自己ベストを更新してきました。

過去最高のデキで、GⅠへ向け状態は万全と言った所でしょう。

この追い切りを見ると人気でも買わないといけませんね。

ダノンスマッシュ

未勝利、もみじSを連勝で挑みます。

2走前の未勝利戦では同条件で行われた、ききょうSと0.2秒しか変わらない好タイムで勝っています。ききょうSの勝ち馬は今回人気を集めるであろうタワーオブロンドンで、タイムだけで考えるとかなり強い可能性もあります。

上がりも2戦連続で最速をマークしておりレースの相性もよさそうです。

今年勢いのあるロードカナロア産駒という事で注目を集めそうですね。

200mの距離延長がこなせれば上位に食い込む可能性も十分ありそうです。

<最終追い切り>

栗東CW 83.1-66.4-51.7-38.3-11.6 馬也

終いは切れましたね。

時計自体は1週前追い切りで80秒を切るタイムを出してきており、今週は調整程度の追い切りでしょう。

しかし、未勝利馬を追走し馬也でしっかり先着しています。

状態は良さそうで、大舞台へ向けしっかり作ってきた印象ですね。

ダノンプレミアム

サウジアラビアRCの勝ち馬です。

サウジアラビアRCは先行し早め抜け出しからそのまま押し切る強い内容でした。

2着以降は差し馬が独占していたことを考えると高く評価できますね。

ただ、究極の上がり勝負となると若干厳しい気がしますので、自ら早めに動いて持久戦に持ち込む方が良さそうな馬ですね。

<最終追い切り>

栗東CW 52.3-37.4-11.6 馬也

1週前に終い11.2と破格の時計を出しており、今週はジョッキーが感覚を確かめる程度でしたが、今週も好時計をマークしてきました。

馬に活気もあり、ダイナミックな動きを見せており仕上がりはバツグンと言った所でしょう。

1週前もフロンティアと併せ馬を実施しており、仕掛けられると併せ馬を置き去りにする動きでした。

この馬も完璧に仕上がったと見て間違いなさそうです。

ダブルシャープ

クローバー賞ではタワーオブロンドンにも勝利しており、門別所属の馬でしたが、能力は中央でも十分通用します。

札幌2歳Sも最後方から4コーナーで一気に捲っていく強引な競馬でしたが、勝ち馬のロックディスタウンとは僅差の3着。

しかし、前走サウジアラビアRCでは北海道からの輸送の影響で発汗と入れ込みが見られ本来の力を出し切れませんでした。

今回は栗東に転厩し中央所属の馬となりました。

輸送の影響はないでしょうし、力は出せる状態でしょう。

後は厩舎が馬の事をどれくらいわかっているか。

本来の力を出し切れば好走も可能だと思います。

<最終追い切り>

栗東坂 52.6-37.7-24.3-12.4 一杯

一杯に追って終いまでしっかり伸びました。

転厩初戦という事で、比較はし辛いですが、タイム自体は好タイムをマークしています。

活気のあるダイナミックな走りで、ジョッキーの指示にもしっかり答えてしました。

仕上がりは気になっていましたが、力は出せる状態と見て良さそうです。

ナムラアッパレ

小倉1200mの未勝利を勝ち上がって以降、全くいい所がありません。

未勝利戦も6頭の少頭数の戦いで評価できるものではありませんでした。

さすがにGⅠの舞台は厳しいと思います。

回避が発表されました。

ニシノベースマン

新馬戦では、後に新潟2歳S3着になるテンクウと0.2秒差の競馬をしました。

その後未勝利を勝ち上がりましたが、その後は微妙な競馬が続いています。

末脚を活かす競馬をしていたころに好走が多かったのですが、近走は前に行く競馬で結果が出ていない所も気になりますね。

さらに折り合いを欠くことも多々あり安定度も低い。

この馬も消し評価でいいと思います

回避が発表されました。

ヒシコスマー

前走万両賞は目の覚めるような末脚で差し切り勝ち。

この時の勝ちタイムはききょうSのタワーオブロンドンより速いタイムです。

しかし、このタイムは12月に出したタイムで、この時期の馬はどんどん成長していくものです。

さらに中1週でのローテは好走歴が少なく状態をどこまで維持できているかがポイントでしょう。

<最終追い切り>

栗東CW 85.2-67.8-51.5-38.1-12.0 馬也

3頭併せの真ん中を走り最先着しました。

中1週のローテですので、強めの追い切りはせずといった内容ですね。

あくまでも状態の維持を目標にした追い切りという印象でした。

ここに向けてしっかり作ってきた馬の方が良く見えますね。

ファストアプローチ

札幌2歳S、芙蓉Sと連続2着の馬です。

札幌2歳Sはロックディスタウンとタイム差無しの競馬と中々の強さを見せました。

外目を上手く先行する良い内容だったと思います。

芙蓉Sはスローペースからの瞬発力勝負となり、3番手から2位の上がりを使いました。

1着馬とは力の差を見せつけられた印象ですが、3着馬とも力の差を見せました。

3か月の休み明けですのでどこまで仕上がっているかをしっかり見る必要がありますね。

<最終追い切り>

美浦坂  54.6-39.9-26.1-13.4 馬也

併せ馬は突き離す内容でしたが、頭の位置が高く、集中力を欠く走りに見えました。

動き自体も重く、時計も平凡でした。

仕上がり自体は微妙な気がしますね。

フロンティア

新潟2歳Sの勝ち馬です。

新潟2歳Sはスローペースの2番手で競馬をし、上がり32.9秒の末脚を使い勝利しました。

賞金を持っている馬でしたので前走デイリー2歳Sは叩きのレースに徹することができました。

叩いた上澄みもあるでしょうし、ここは期待したい所です。

<最終追い切り>

栗東CW 69.0-51.5-37.4-11.7 馬也

ゆったりとした入りでしたが、終いはしっかりと切れましたね。

1週前はダノンプレミアムに突き離される内容でしたが、この馬自体の動きも悪くは無かったと思います。

今週の動きも躍動感のある動きを見せており、力は出せる状態でしょう。

前走時より良く見えます。

ムスコローソ

新馬戦は後続を5馬身差つける圧勝劇での勝利でした。

当時の2着馬も続く未勝利戦を勝ち上がっており、レベルの低い相手では無かったことを考えるとこの馬もかなり強いと思います。

続く新潟2歳Sは超スローペースに泣かされ大敗してしまいました。

前走の500万以下クラスでは2位の上がりを使い勝利しました。

この馬の特徴として、上がりが掛かるレースでの差しが得意な印象ですね。

当日馬場が渋るようならチャンスありかもしれませんね。

しかし、初の関西輸送、初の右回りと課題が多い馬ですね。

<最終追い切り>

美浦南W 69.4-53・7―39・3―13・5 強め

3頭併せの真ん中で併入という結果。

動き自体は悪くは無かったと思いますが、他馬の追い切りを見ると何か物足りない印象。

12着に敗れた新潟2歳Sの時の動きの方が良く見えます。

ライトオンキュー

前走は重馬場をもろともせず末脚を伸ばし勝利しました。

良馬場になるとどうかはわかりませんが、台風馬場を走った後のレースと言うのは、あまり好感が持てませんね。

天皇賞秋を走った馬達は次々と凡走をしており、あのキタサンブラックでさえ3着に負けています。

ここは重巧者と決めつけて軽視したい所ですね。

<最終追い切り>

栗東坂 54.1-39.1-25.6-12.9 馬也

馬自体はパワフルな動きを見せていましたが、時計自体は平凡な時計でした。

実際未勝利を勝った時の追い切りの方が動き自体は良かったと思います。

極悪馬場の前走の反動があるのかもしれません。

====================PR====================

<<脱サラ目指して実践中!!次世代型ストックビジネス>>

「20万円の安定した副収入!!」

毎月20万円が安定してはいってきたら今よりも幸せな人生を送れると思いませんか?

その答えは、次世代型ストックビジネス

詳しくはこちら→https://datsusarakeiba.com/doterra/

私ケンヂも実践中です!!

確定した枠順と見解(NEW!)

枠順が発表されました。

1番ダノンプレミアム川田
2番フロンティア岩田
3番タワーオブロンドンルメール
4番ライトオンキュー四位
5番ケイアイノーテック
6番アサクサゲンキ武豊
7番ヒシコスマー松山
8番ファストアプローチシュミノー
9番ムソコローソ池添
10番ステルヴィオCデムーロ
11番カシアス浜中
12番ダノンスマッシュ福永
13番アイアンクロー酒井
14番ダブルシャープ和田
15番ケイティクレバー小林
16番イシマツ加藤

ダノンプレミアムは1番、タワーオブロンドンンは3番、ステルヴィオは10番となりました。

比較的内目に人気馬が集まりましたね。

枠順を見て思いました。

もしかしたら荒れるかもしれませんよ、これ!

ダノンプレミアム、タワーオブロンドンが出遅れて内でどん詰まりなんてことがあれば、思わぬ高配当があるかもしれませんね!

激荒れまであると考えて予想を組んでも面白いかもしれませんね。

展開予想(NEW!)

展開予想の記事作戦しました!

朝日杯フューチュリティステークス2017の展開予想~ダノンプレミアム、タワーオブロンドンに死角あり!?~

土曜日の馬場傾向(NEW!)

12月16日の競馬も終わり、馬場傾向も確認できました。

馬場傾向をまとめておきますので、ご参考ください。

内回りのレースは圧倒的に内側が有利となりました。

差し馬も内から馬群を捌いてくる馬の好走が目立ちました。

外回りは内回りほど顕著ではありませんでしたが、やはり内有利

ポジションもそれなりの位置を取っておかないと厳しいのではないかと思いました。

大外ぶん回しの大味な追込みは厳禁。

この馬場傾向を考えるとやっぱりダノンプレミアムは有力に感じますね。

軸はどうかとは思いますが、それなりに重い印を打つ必要がありそうですね。

最終予想印と買い目

~Coming Soon~順次追記していきます。

ブログランキングでは、最終追い切りが良かったと思う馬を発表しています!

(記事の追記ごとに別馬を書いていますので何度も見に来てくださいね!)

是非とも確認お願いします!

追い切り〇①↓

追い切り〇②↓

<<脱サラ目指して実践中!!次世代型ストックビジネス>>

競馬で安定して勝つことは難しい。

つくづく実感してきていることなのですが、給料の他に毎月20万円の副収入があれば思う存分競馬をエンジョイできますよね。

「負けた分を取り返さなきゃ」そう熱くなってしまえば、破滅への第一歩。

「少々負けたって副収入があるから大丈夫!」

こんなメンタルで競馬が出来れば穴狙いに徹することも出来たり、平常心で予想が出来ますよね。

「20万円の副収入って何!?」

その答えは、次世代型ストックビジネス

詳しくはこちら→https://datsusarakeiba.com/doterra/

を見てみてください!

私の様なサラリーマンでも十分実践可能なビジネスですよ!

スポンサーリンク




==========PR==========

【激熱情報!】なぜ勝てる?勝てる買い目を無料でプレゼント!

これで、朝日杯FS(G1)も有馬記念(G1)も勝てる可能性が極めて高い!
最大の利点は継続的に勝ち続けられるかもしれない!

なぜ勝てるのか?根拠があります。

その買い目は、指数サイトのコラボ指数を使っている50,000人中、

「月間回収ランキング 上位者の買い目」
です。

プロの予想は当たる?新聞の印は当たる?違いますね。

【当たっている人の予想が当たるんです】

ーーーーーーーーーーーー
■12ヶ月連続プラス達成
■一発120万馬券獲得
■1日25レース的中
■回収率200%超え継続中
ーーーーーーーーーーーー
《12月の的中実績をピックアップ》

12/2  中山 4R  50,000円 的中!
12/2  阪神 6R  44,050円 的中!
12/3  中山 9R 128,660円 的中!
12/3  阪神 9R 326,560円 的中!
12/9  中山 9R  65,920円 的中!
12/9  中京 1R  30,430円 的中!
12/10 中山11R 105,610円 的中!
12/10 中京 1R 106,770円 的中!


「月間回収ランキング 上位者の買い目」無料プレゼント!

※期間限定ですのでご注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─
《 12/16(土)~12/22(金)限定 》

この競馬サイトで
超お得な年末イベント開催!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.collabo-n.com

“的中馬券に直結”する
\豪華特典をプレゼント/

~これがあればあなたも
問答無用で競馬で勝ち組に~

▼まずは無料でカンタン登録▼
https://www.collabo-n.com
─━─━─━─━─━─━─━─━─
※登録後、サイト内の【祭】で詳細説明してます。
※メールが届かない場合、迷惑メールも確認してください。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント