秋華賞2017の予想~過去の傾向を読み解く~

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

今回は秋華賞の過去の傾向について見ていきます。

3歳牝馬クラシックの総決算、秋華賞です。

今年の3歳牝馬はレベルが高く、ソウルスターリングが天皇賞へ、アドマイヤミヤビが引退してしまってもハイレベルなメンツが揃いました。

過去の傾向から期待できる馬はどの馬か?逆に危険な人気馬となってしまう馬はいるのか?

しっかり見ていきましょう。

秋華賞については、

こちら→今週の予想結果と秋華賞2017の1週前見解

にも少し書いていますので、併せてご覧ください!

スポンサーリンク




==========PR==========

独自の指数「コラボ指数」で楽々予想!
驚異の的中率!うまコラボ
無料会員登録で18レース分の指数が見れます。

======================

秋華賞の舞台 京都芝2000mの特徴

ゴール手前からスタートして内回りコースを1周します。

内回りコース、平坦な直線という事もあり、逃げ、先行馬が有利に働きやすい

枠も外枠は不利なコースです

過去3年の秋華賞

2016年

1着 ヴィブロス

2着 パールコード

3着 カイザーバル

クロコスミアの逃げでスローペース。

ヴィブロスは中団、パールコードは先団やや後ろ、その前にカイザーバルという位置取りになりました。

4コーナーでも捲って行く馬はおらず、直線勝負に。

好位にいたパールコードが抜け出しますが、前目で粘るカイザーバル、さらに内からジュエラーが伸びてきます。大外からヴィブロスが一気に差し切ってゴールとなりました。

このレースに関しては、関西ローカルで放送されている「戦え!スポーツ内閣」というテレビ番組で、ヴィブロスに騎乗していた福永騎手とパールコードに騎乗していた川田騎手が出演し、レースの回顧と当時の心理を語っていました

・スタート後

福永「川田騎手は、京都2000mでの勝ち鞍が一番多い騎手。勝ち方を知っている騎手で彼の近くにいれば安心。まずは彼をマークできる位置に入れればOK。」

(1コーナーあたりではピッタリマークしています)

・向正面

福永「自分の前にあまり人気の無い馬(キンショーユキヒメ)がいたんですが、その馬が内に入り前が開いた。この時勝利を確信した!

(マジかよ!?)

川田「前に強い馬はいないので気にする必要はない。前は勝手に下がってくるので、前をかわいがりながら、後ろから来る祐一さんの馬(ヴィブロス)ともう1頭強い馬(ビッシュ?ジュエラー?どっちだろう?)を気にしながら脚を溜める。意識は後ろにある。

・3コーナー~4コーナー

福永「ここはそれぞれ仕掛け所を待っている所。コーナーで仕掛けると遠心力で余計に脚を使うので、ギリギリまで待ちたい。しかし、後ろから仕掛けられると進路が無くなりポジションが無くなるので、後ろから来た場合は外に出す準備はしている。

川田「僕も仕掛け所を待っている、しかし待ち過ぎてはダメ。なぜなら祐一さんの馬より切れは無いから。持続力で勝負する馬なので祐一さんよりは早く仕掛けないといけない。もしコーナーで祐一さんが仕掛けてきたら思いっきり外に張っていけるように準備はしています」

・ラストの直線

福永「この時にはほとんど勝負は終わっている後は追うだけ。それまでに如何に脚を温存しているか。それだけです。」

川田「同意見です。」

んーー、奥が深い!

こうやって騎手心理を聞きながらレースを見るとまた違う一面が見えますね。

2015年

1着 ミッキークイーン

2着 クイーンズリング

3着 マキシマムドパリ

ノットフォーマルが後続を引き離す逃げでハイペース。

ミッキークイーンは中団の外、クイーンズリングは後方、マキシマムドパリは好位に位置取ります。

4コーナーでアンドリエッテが捲っていき各馬もそれに釣られペースアップ。

直線では中段にいたミッキークイーンが抜け出します。クイーンズリングが迫りますがそのままゴール。マキシマムドパリは好位から良く粘りました。

強烈な差し脚を持つミッキークイーンですら中段の競馬を選択したように、後方から末脚に賭ける競馬は不利に働きますね

ブログを始める前の話ですが、このレースは◎ミッキークイーン、〇クイーンズリング、☆マキシマムドパリと大本線での的中をお見舞いした思い出のレースでした。

2014年

1着 ショウナンパンドラ

2着 ヌーヴォレコルト

3着 タガノエトワール

ペイシャフェリスの逃げで平均ペース。

ショウナンパンドラは中団の前、その後ろにタガノエトワール、さらにその後ろにヌーヴォレコルトの隊列になりました。

縦長で進んでいきましたが、3コーナーの坂を下った辺りで後方の各馬が差を詰めてきます。

直線ではショウナンパンドラが内から、ヌーヴォレコルトとタガノエトワールが外から伸びてきます。進路取りの差でしょう。ショウナンパンドラが勝利しました。

以上過去3年のレースを見てきましたが、共通して言えることは「最後方から末脚勝負の馬は厳しい」という事が分かります。

後方から届いた馬はクイーンズリングのみで、クイーンズリングは翌年のエリザベス女王杯を制す馬で、能力は高い馬でした。

ミッキークイーンですら中段での競馬を選択してきたように、好位から中段あたりで競馬をする馬が良いでしょう。

過去10年のデータ

続いて過去10年のデータを見ていきます。

枠順

極端ですね。内枠、外枠の成績が良く、中枠の成績が良くないですね。

人気

勝ち馬は3番人気以上から出ていますね。

基本的には上位人気で決まるレースですが、近年は波乱傾向にあります。

前走

ローズS組がほとんどですね。

しかし、昨年からGⅢに格上げ、優先出走権も3枠に上がった紫苑Sにも注目です。

昨年は、1着、2着馬がここからでした。

脚質

やはり追込み馬は厳しいですね。位置取りは中団あたりまででしょうか。

以上過去のデータを見てきました。

このデータから推せる馬、推せない馬が見えてきましたね。

ブログランキングにて推せる馬、推せない馬を書きます。

推せる馬↓

推せない馬↓

当ブログの読者登録募集しています!

ブログ更新時に送られてくるメールにて注目馬等読者様限定に情報をお送りできたらと思ってます。

スポンサーリンク




==========PR==========
【3連単を18点で取れれば嬉しいですか?】

三連単を狙っている方。
もし18点予想でもOKならこのサイト情報を参考にしてみてください。
まずは無料で。
→ コチラ(無料登録)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月30日(土)俺の三連単
阪神07R
三連単軸1頭マルチ 18点/1点1,000円
22,420円馬券的中!

回収額:224,200円

9月30日(土)俺の三連単
阪神10R 芦屋川特別
三連単軸1頭マルチ 18点/1点1,000円
32,430円馬券的中!

回収額:324,300円

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週、確実に三連単をとりたいレースは、
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月14日(土) 東京11R  府中牝馬S(G2)
10月15日(日) 京都11R  秋華賞(G1)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
この2レース、
1番人気馬の好走率は比較的よく見えますが、なんとも言えないデータですね。
自信をもって、これだ!と言えるデータは少ないです。
だからこそ例年、万馬券、十万馬券になるレースなんですよね、面白い。
しかし絞り込める有力な条件はいくつかあります。

大きい回収を望むなら3連単が狙いどころで、情報収集に十分に時間を使っても、しっかり元を取れるレースだと思います。

3連単18点予想での回収実績NO.1と言ったら、

→ 間違いなくここ(無料登録)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする