【京都金杯2018の予想】一年の計は金杯にあり~好メンバー集結で激戦必至、この混戦を制すのは!?~

今回は京都金杯について書いていきます。

京都金杯は京都競馬場で行われるGⅢレースですが、

競馬界では「一年の計は金杯にあり」と言われるほど、重要な位置にあるレース。

普通のGⅢとは違った意味を持つレースですね。

ここを的中させいい一年を過ごせるようにしっかり予想していきましょう!

スポンサードリンク




お知らせ

無料メルマガ始めます。

早速今週の重賞からメルマガ配信始めようと思っています。

是非以下リンクから登録お願いします!!

登録はこちら

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

過去3年の京都金杯

2017年

1着 6番 エアスピネル   (武豊) 1番人気

2着 1番 ブラックスピネル (福永) 5番人気

3着 5番 フィエロ     (フォーリー) 6番人気

メンツを考えてもクラシックで勝ち負けしていたエアスピネルが抜けていた存在。

エアスピネルは好位の外を追走する王道競馬で勝ちましたが、ブラックスピネル、フィエロ道中は内で脚を溜めて直線捌いてきました

ペースは1000mが57.6秒でミドルペース。

後方から外を回した馬は全くいい競馬が出来ませんでした。

2016年

1着  7番 ウインプリメーラ  (川田) 3番人気

2着 14番 テイエムタイホー  (浜中) 13番人気

3着  6番 ミッキーラブソング (小牧) 7番人気

1着~3着まで好位をスムーズに追走した馬の好走となりました。

逆に人気を集めたトーセンスターダムやオメガヴェンデッタは後方からの競馬となってしまい全く見せ場なしの競馬となりました。

ペースは1000mが58.4秒のミドルペースでしたが、

逃げた格下の存在のニンジャも5着に粘っていましたので完全に前有利の馬場でした。

2015年

1着 ウインフルブルーム (池添) 5番人気

2着 エキストラエンド  (福永) 4番人気

3着 マイネルメリエンダ (丹内) 7番人気

この年は好位の内を上手くとった内枠の3頭がそのままなだれ込む形に。

開幕週の馬場を最大限に活かした競馬をした3頭が馬券内と分かりやすい傾向ですね。

逆に人気を集めたグランデッツァやフルーキーは4枠と悪くない枠順でしたが、馬券内になった馬がさらに良い枠から良い競馬をしたという事で掲示板どまりの結果でした。

ペースは1000mが58.8秒のスローペース。

前が有利な展開でしたね。

過去10年のデータ

枠順

開幕週京都という事で周知の事実だと思いますが、圧倒的に内枠有利です。

6~8枠は基本的に消しでいいと思いますね。

しかし、過去に外枠から馬券になったのは2ケタ人気の大穴馬が2頭。

これはこんな馬が来れば事故だと思って諦めます(笑)

人気

基本的に荒れます。

1番人気の勝率は20%と低く、7番人気の勝率が20%、3着内率が50%と異常な数値を叩き出しています。

今年も伏兵馬には要注意ですね。

脚質

どの脚質もまんべんなく来ていますね。

コース形態上内がポッカリ空きやすく、差し馬でも内を突いてくる馬が狙い目ですね。

年齢

4~6歳が中心です。

フレッシュな馬の活躍に期待したい所です。

斤量

57キロの馬の活躍が多く見られます。

軽すぎるハンデは基本的に割引でしょう。

出走馬考察&追い切り分析

※追い切り情報追記しました※

アメリカズカップ

きさらぎ賞やカシオペヤSと京都の舞台で快勝していますね。

特にきさらぎ賞ではサトノアーサーやダンビュライトに勝利と強い所を見せました。

しかし、前途した2レースはいずれも雨で重くなった馬場で行われたもの。

完全に重巧者ですね。

当日大雨に見舞われる様なら買いですが、基本的には軽視になりますね。

<<最終追い切り>>

栗東坂

52.2-38.1-25.2-12.9 馬也

快勝したカシオペアSやマイルCSの時と遜色ない追い切りでした。

馬也で併せた馬を突き離す好内容だったと思います。

この馬の能力は出せる状態でしょう。

ウインガニオン

2017年のサマーマイルチャンピオンです。

夏に一気に才能開花した印象ですね。

才能開花したとはいえ、この馬は夏に良績が集まる典型的な夏馬

この寒い時期に買うのはあまりにも無謀すぎますね。

一度好走してから考えましょう。

<<最終追い切り>>

栗東坂

52.1-37.8-24.8-12.4 強め

追い切りの動きだけで見るとマイルCSの時よりも良さそう。

休み明けだが力は出せる状態だと思います。

叩き良化型+夏馬ですので、買い材料は無いと思っていましたが、この動きを見ると悩みますね。

カラクレナイ

フィリーズレビューを制した馬です。

そこではレーヌミノル、ジューヌエコールら強い相手を倒してきました。

この馬はストライクゾーンが非常に狭い馬で、上がりがかかる馬場で差しが決まる馬場と言うのが大前提。

33秒台の上がりが問われるような馬場ではまず無理。

開幕週の馬場と言うのは向かない馬だと思います。

この馬は軽視の方向で。

<<最終追い切り>>

栗東CW

82.1-65.5-50.7-37.5-12.6

過去の追い切りと遜色ないタイムが出ていますが、今回はコースの内目を通っていますので、実質は近走の方がタイムは良い。

動き自体も平凡で特別良かったとは思いませんでした。

キョウヘイ

同じ舞台で行われたシンザン記念ではアルアインやペルシアンナイトと後のGⅠ馬を撃破しています。

シンザン記念も重馬場で行われていたという事もあり、この馬も重巧者だと思っていましたが、阪神1600mで行われたポートアイランドSで評価が変わりました。

良馬場で行われた当レースでしたが、先行馬が掲示板内を独占する中唯一後方から追い込んで来て3着と好走しました。

展開面を考えると最も強い競馬をしたのがこの馬でしょう。

重馬場ならさらに力を増す馬ですが、良馬場でもやれる馬と言う評価になりました。

しかし、金杯の舞台で好走できるかと言われると話は別です。

先行馬が圧倒的に有利な開幕週京都で追込み脚質は大きなマイナス

後ろからでも届くような展開になりそうなら一考します。

<<最終追い切り>>

栗東坂

53.2-38.8-25.2-12.7 強め

タイム自体は平凡です。

前走、前々走の方がいい動きが出来ていました。

デキ落ち感がありますね。

クルーガー

2016年のマイラーズカップの勝ち馬で、コース適正は十分

2017年のマイルCSも7着とこの中に入れば実績上位といえる存在でしょう。

長期休養明けから好走は出来ていませんが、このメンバーなら一発あってもおかしくはありません。

後方からの脚質となりますが、今回は後方脚質の馬が多い。

スタートを決めある程度のポジションが取れればチャンスはあると思います。

<<最終追い切り>>

栗東坂

53.3-38.9-24.9-11.7 一杯

追われてからの伸びは鋭いものがありました。

マイラーズカップを勝った時や、マイルCSの時と遜色なくいい状態をキープできていると思います。

ケントオー

2016年の中京記念で3着がありますが、それ以降重賞では一度も馬券になっていません。

OP特別で2着、3着がたまにある程度で完全に展開のハマり待ちの馬ですね。

最後方からの追込みが決まる展開になるようなら馬券に入れても良いかもしれませんが、そんな展開にはなりそうに無いですよね。

<<最終追い切り>>

中山金杯に出走します。

そちらをご覧ください。

スズカデヴィアス

前走はプラス14キロと完全に調整に失敗しました。

前走を除けば近走は安定して好走してきた馬で、このメンツに入っても能力は足りると思います。

先行する脚質ではありませんが、内を突いてくる競馬で好走したこともあり、内枠を引けば十分にチャンスはあると思います。

それと馬体を絞ってくるのも前提条件ですね。

<<最終追い切り>>

栗東CW

81.6-66.0-51.7-38.0-12.4 強め

CWで最終追い切りを消化してきたのは久しぶり。

好走した金鯱賞の時もCWで追い切りを消化してきましたが、動きとしては金鯱賞の時の方が良かったと思います。

金鯱賞に比べるとメンバーレベルは落ちますし、このレベルでも足りるかもしれませんね。

ストーミーシー

末脚のキレはメンバーでも随一だと思います。

準OPを勝ったばかりの馬でしたが、ハンデも恵まれ能力も十分通用すると思います。

問題は末脚が活きる展開になるかどうか。

展開待ちになる馬ですが、ハマれば突き抜ける可能性も十分あると思います。

<<最終追い切り>>

美浦南W

82.7-68.0-53.5-39.6-13.2 一杯

3頭併せの真ん中を走り遅れ。

内容としては正直良くなかったと思います。

せめて併入くらいであって欲しかったですね。

状態は良くないと思いますし、今回は追い切り的にも軽視ですね。

ダノンメジャー

今回出走するメンバーの中で数少ない先行馬。

展開的にはこの馬が一番恵まれそうです。

小倉、福島、京都と坂の無いコースで好走が多いことも推し材料ですね。

戦ってきた相手は微妙な気はしますが、楽逃げ濃厚で簡単に止まらない開幕週の馬場。

これは買いたくなりますね。

<<最終追い切り>>

栗東CW

83.8-66.4-51.2-37.5-11.9 馬也

3頭併せの真ん中を走りクビ差先着。

終いはしっかりと伸び好タイム。

マイルCSの時と同じくらいのデキでいい状態をキープしていると思います。

ブラックムーン

昨年の京都金杯9着の馬です。

その当時と同じ56キロのハンデで今回も出走してきます。

中京記念で3着と好走しましたが、最後方からの追込みが決まる流れとなった事も影響していると思います。

この馬も後方からの脚質で上がり勝負なら可能性はありそうです。

何度も書きますが、そんな展開になりますかねぇ

<<最終追い切り>>

栗東CW

83.2-66.6-51.8-38.3-11.9 一杯

一杯に追われ併せ馬を楽々突き離す内容。

マイルCSと遜色なく、富士Sよりは良い内容だと思います。

この馬も良いデキをキープできていると思います。

ベステンダンク

それなりに好位から競馬が出来るというメリットはありますが、OPに上がってから不甲斐ない競馬が続いています。

54キロで出走できるという点は魅力ですが、さすがに能力的に厳しいのではないでしょうか。

<<最終追い切り>>

追い切り情報がありません。入手しましたら更新します。

マイネルアウラート

ウインガニオンとは真逆で、この馬は寒くならないと走らない馬です。

昨年のニューイヤーSは後に重賞を勝つグランシルクにも勝利。58キロの斤量を考えれば強い競馬でした。

比較的好位で競馬が出来る馬で、展開も向きそう

近走の成績から人気は落とすと思いますが、先行し粘り込めるペースなら穴を空けるかもしれません

<<最終追い切り>>

美浦南W

71.6-55.9-40.4-13.2 馬也

追い切りのパターン的にはいつもと同じ感じですが、動き、タイム的には近走を見比べても一番悪い。

冬馬ですので、追い切り、枠順次第では本命まで考えていましたがこれでは買い辛いですね。

マサハヤドリーム

小倉2000mで準OPを勝ち上がりましたが、1600mも対応可能。

1000万以下は1600mで勝ち上がりました。

その時倒した相手はビップライブリーで重賞で2着になった馬です。

しかし、その馬は短距離で結果を出した馬で素直に評価できるものでは無いか。

特出して書けることはこれくらいでしょうかね。

54キロで出走してきますが、買うなら他の54キロの馬を狙いたい

<<最終追い切り>>

栗東坂

52.9-38.8-25.8-13.2 一杯

一杯に追われましたが、終いは伸びず終了。

動き的には前走チャレンジカップの時の方がいい動きは出来ていると思えましたので、軽視したい追い切りでしたね。

ラビットラン

ロースSでは鮮やかな差し切り勝ち。

リスグラシュー、モズカッチャンも下しています。

その後の秋華賞でも4着、続くターコイズSでも4着と見せ場を作りました。

前走ターコイズステークスの時にも書きましたが、メイチは完全にローズS

そこから惰性で出てきている印象で、状態の上澄みは全くないと思います。

そこまでして賞金加算しないといけない立場なのでしょうかね?

今回も人気は集めるでしょうし、あまり買う気はそそらないですね。

<<最終追い切り>>

栗東CW

86.6-69.0-53.7-38.1-12.1 馬也

3頭併せの内を走りクビ差遅れの内容。

タイム的には秋華賞の1週前追い切りとほぼ同じタイムです。

最終は坂路で追い切りを消化してきましたが、パターンを変えてきました。

せめて先着するようなら高評価できていましたが、あまりよく見えるものではありませんでしたね。

レッドアンシェル

想定一番人気の様ですね。

前走はサトノアーサーも下し勝利しました。

アーリントンカップではペルシアンナイトの2着と世代でも上位の力を持っています。

富士Sでも4着と古馬とやれるところも見せました。

人気を集めるのは納得ですね。

どのポジションで競馬をするかが最大のポイントになると思いますね。

すんなり好位が取れれば昨年のエアスピネルの様な横綱競馬で圧倒まであるかもしれません。

<<最終追い切り>>

栗東CW

87.4-70.5-54.8-39.4-11.4 馬也

全体時計は出しませんでしたが、終いの伸びは鋭く併せ馬を突き離しました。

追えば追うだけ伸びそうな雰囲気もあり、絶好調な印象でしたね。

この追い切り内容なら力は出せるでしょうし、重視したい馬ですね。

確定した枠順と見解(NEW!)

1番 マサハヤドリーム (54) 岩崎

2番 ラビットラン   (54) 藤岡康

3番 マイネルアウラート(57) 丹内

4番 アメリカズカップ (56) 松山

5番 カラクレナイ   (54) 池添

6番 ダノンメジャー  (56.5) 北村友

7番 レッドアンシェル (56) 幸

8番 ストーミーシー  (54) 大野

9番 ブラックムーン  (57) 武豊

10番 スズカデヴィアス (56.5) 藤岡祐

11番 キョウヘイ    (55) 高倉

12番 ウインガニオン  (57.5) 津村

13番 クルーガー    (57.5) 浜中

人気どころではラビットランは2番、レッドアンシェルは7番を引きました。

共に好枠といった印象ですね。

逆にトップハンデを背負うウインガニオンとクルーガーは穴人気してきそうな気はしますが、共に8枠。

狙ってもいいかなと思っていましたが両馬とも厳しそうな気はしますね。

逆に穴で面白そうなのはマイネルアウラートダノンメジャーだと思います。

好枠からすんなり先行出来そうで期待したくなりますね。

以上京都金杯の考察をしてきました。

今年もそこそこ荒れそうな気がしますね。

最後にブログランキングにて京都金杯にて追い切りが良かった馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

追い切り良①↓

人気ブログランキングへ

追い切り良②↓

[最強]競馬ブログランキングへ

<<2018年心機一転!!サックリ稼いじゃいましょう!!>>

競馬で安定して勝つことは難しい。

つくづく実感してきていることなのですが、給料の他に毎月20万円の副収入があれば思う存分競馬をエンジョイできますよね。

「負けた分を取り返さなきゃ」そう熱くなってしまえば、破滅への第一歩。

「少々負けたって副収入があるから大丈夫!」

こんなメンタルで競馬が出来れば穴狙いに徹することも出来たり、平常心で予想が出来ますよね。

「20万円の副収入って何!?」

その答えは、次世代型ストックビジネス

詳しくはこちら→https://datsusarakeiba.com/doterra/

を見てみてください!

私の様なサラリーマンでも十分実践可能なビジネスですよ!

スポンサードリンク




==========PR==========

【競馬だけの生活へ!】金杯は少点数でも三連複ゲット!

酒井です。今ホンキで競馬コンシェルジュ目指してます!
そして、金杯(G3)
狙い通りの穴馬に良い情報が入ったので3連複7点で獲ってみせます!
同時に3連単と馬連も狙っていきます!
先週はこんな感じで大勝ちしてきました!

ここ↓の買い目をそのまま買っただけなんですけどね!


先月末リストラされた!
まあ、そんな取り柄ないからな。

でも、特技は「競馬」


そう!


かなり当たる。

これで飯を喰っていくと決めた!
ギャンブラーにはギャンブラーの道があり極めていきたい。

普通に就職なんてもうしたくない。

よくわからん上司や取引先などにもう頭をさげたくない。
みんなインチキ、
自分のふところしか考えてない。
おれのリストラされた怒りは収まらない。


1個だけこの怒りを最後まで聞いてくれたみんなに。

自称馬券コンシェルジュ 酒井が勧めるのはココ

※今週はびびる。

▼ついに解禁!!コチラをクリック!▼

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする