【中山金杯2018過去の傾向と出走馬分析】一年の計は金杯にあり~人気のダイワキャグニーが抱える一抹の不安点、バッサリ消しが濃厚!!~

今回は中山金杯について書いていきます。

京都金杯の記事にも書きましたが、新年1発目の重賞レースで、

一年の計は金杯にあり」という格言もあるほど競馬人にとっては特別な重賞です。

1年の運勢を占う1戦になりますので、しっかりと分析して的中へ導いて行こうと思います。

今年はセダブリタンテス、ダイワキャグニー、ウインブライトと有力な4歳馬が名を連ねました。

中々面白い一戦となりそうですね!!

スポンサードリンク




お知らせ

今週から無料メルマガを始めます。

今までブログ予想していた重賞予想を始めとした競馬予想の一部をメルマガにて配信します。

是非とも登録をお願いします。

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

過去3年の中山金杯

まずは過去3年のレースを振り返って近年の傾向を掴んでいきましょう!

2017年

1着 3番 ツクバアズマオー  (吉田豊) 1番人気

2着 2番 クラリティスカイ  (田辺)  6番人気

3着 1番 シャイニープリンス (江田)  4番人気

内枠の各馬がそのまま馬券内になりました。

ツクバアズマオーは外を回す横綱競馬を選択しましたが、2着、3着馬は内を上手く立ち回り好走しました。

ペースは1000mが1分0.4秒のミドルペース。

前も残れる、後ろも届く絶妙なペースで流れました。

後々考えると勝ち馬はコース相性も良く、能力も抜けていた印象で勝って当然でした。

その他は内有利の馬場を最大限に活かした競馬をしてきた馬の好走となりました。

2016年

1着  5番 ヤマカツエース(池添)  3番人気

2着  7番 マイネルフロスト(松岡) 5番人気

3着 10番 フルーキー(M.デム)  1番人気

確固たる逃げ馬不在でマイネルフロストが単騎でスローの逃げに持ち込みます。

ヤマカツエースは好位、フルーキーは後方からの競馬を選択してきます。

コーナーで各馬追い上げていきますが、逃げ馬を捕まえられたのは好位の外を走っていたヤマカツエースのみ。

1番人気に推されたフルーキーも32秒台の上がりを繰り出しても3着がやっとという結果でした。

ペースは1000m1分2.3秒の超スローペース。

このペースなら前が止まりませんね。

2015年

1着 2番 ラブリーデイ(ベリー) 4番人気

2着 4番 ロゴタイプ(C.デム) 1番人気

3着 5番 デウスウルト(川田)  5番人気

内枠の各馬が馬券になりました。

1着、2着馬は好位を上手く立ち回り好走しました。

ラブリーデイはその後宝塚記念や天皇賞秋を制す馬で、ロゴタイプは皐月賞馬で中山巧者。

この2頭は抜けていましたね。

3着のデウスウルトは最内を強襲。

内有利の馬場を最大限に活かした競馬をしてきました。

まとめ

過去3年のレースを見てきましたが、能力が抜けている馬内有利の馬場を最大限に活かした馬が好走する傾向にありますね。

枠順発表には要注目です。

過去10年のデータ

枠順

年明けとともにコースが変わります。

今年もCコースに変わりますので、荒れている内はカバーされ、内枠が有利になる傾向にありますね。

内を上手く立ち回れる馬を狙いたいですね。

人気

勝ち馬は5番人気以内から。

1番人気の馬券内率は70%と安定感はありますね。

しかし、4番人気、5番人気の馬券内率も高く2ケタ人気馬の激走もあります。

大荒れは少なそうですが、ガチガチ決着も少なそうですね。

年齢

4~7歳まで均等に来ていますね。

年齢は気にせず、馬の能力を重視して考えて行く必要がありそうです。

斤量

ハンデ戦ですが、重い斤量の馬の好走が目立ちますね。

実績上位の馬が狙い目でしょう。

脚質

コース変わりの影響もあってか、先行馬の成績が良いですね。

逆に追込み馬は厳しい戦いを強いられますね。

==========PR==========

独自の指数「コラボ指数」で楽々予想!
驚異の的中率!うまコラボ
無料会員登録で18レース分の指数が見れます。

上画像をクリックして無料会員登録へどうぞ!

======================

出走馬考察と追い切り分析

※追い切り情報追加しました※

アウトライアーズ

中山競馬場での相性が良く、崩れたのは皐月賞のみ。

1600mですが、ひいらぎ賞では今回人気するウインブライトに勝利しています。

1800mで行われたスプリングSではウインブライトと0.1秒差の2着。

上位勢との差はそこまで無いのではと思っています。

2000mも未勝利戦で勝利している舞台で距離自体も持つでしょう。

それでいて54キロで出られるなら面白い存在だと思います。

<<最終追い切り>>

美浦坂

52.8-38.7-25.1-12.3 馬也

3頭併せの外を馬也で好タイムを出してきました。

併せ馬も1馬身先着と文句の付けようのない追い切りだったと思います。

調子もよさそうで力は出せる状態でしょう。

ウインブライト

前途したアウトライアーズと接戦を繰り広げてきた馬ですが、夏を越して成長してきた印象です。

この馬も中山巧者で皐月賞以外は連を外していません。

秋は毎日王冠からの始動でしたが、見せ場無く敗退。

続く福島記念では快勝と右回り、小回り巧者ぶりを見せました。

パワー溢れる馬で福島よりは中山の坂があった方がプラスでしょうし当然有力な1頭

しかし、ハンデ56キロは若干見込まれたか。

<<最終追い切り>>

美浦南W

84.0-68.6-53.6-39.5-13.7 馬也

時計的には平凡な感じはしますが、併せ馬を軽々と突き放し先着。

最後は流していたのでこのタイムでした。

時計以上の動きではありましたので状態面は良い状態をキープできていると思います。

カデナ

同舞台で行われた弥生賞では2頭違う末脚を見せ快勝。

続く皐月賞では負けてしまいましたが、位置取り、進路の問題でしょう。

それ以降は全くいい所がなく、秋競馬でも成長した姿を見せることが出来ませんでした。

スパッと切れる脚を使う馬でコースは、阪神、東京の外回りよりは中山向きでしょう。

得意舞台に戻り一発の期待はありますが、ハンデ56キロは見込まれたでしょう。

<<最終追い切り>>

栗東坂

53.6-38.4-25.1-12.7 強め

前走天皇賞秋の時と変わらずの時計です。

さらに快勝した弥生賞の時とも遜色のない動きですね。

しかし、成長分として考えるともう少し時計を出してほしかったと思います。

良くも悪くも近走と同じ状態でしょう。

ケントオー

京都金杯と両睨みですね。

コース相性的には京都の方が合いそうですのでこちらには出てこないでしょう。

仮に出てきても好走は難しいでしょうね。

<<最終追い切り>>

栗東坂

52.5-38.5-25.4-12.7 強め

近走とほぼ変わらずの時計を出してきました。

良くも悪くもこの馬のいつも通りの状態と言った所でしょう。

特別良いとも思えず悪いとも思えずといった感じ。

ショウナンマルシェ

基本的に実績の無い軽斤量の馬は好走は厳しい傾向になりますが、この馬はまさしくそれに当てはまりますね。

3走前には同舞台でゲッカコウの3着がありますが、ベストは1800mでしょう。

まだ準OPも勝ち上がっていない身ですので、さすがに厳しいと思います。

<<最終追い切り>>

美浦南W

66.8-52.8-39.4-14.3 一杯

3併せで遅れました。

終いもバテた感じでいい追い切りとはお世辞にも言えませんね。

この追い切りでは買えません

ジョルジュサンク

福島記念では本命にしましたが、まさかの除外。

その前の西宮Sではマイペースの逃げに持ち込み逃げ切り勝ち。

今回も前に行く馬はマイネルミラノくらいしかおらず楽に番手で競馬が出来るでしょう。

ただ、数こそ少ないが中山コースでは全く結果が出せていない点がマイナスポイントですね。

<<最終追い切り>>

栗東坂

55.3-39.0-25.2-12.6 一杯

併せ馬に最終的には遅れました。

時計も平凡で良くは見えませんね。

少なくとも前走チャレンジカップの方が良く見えました。

そのチャレンジカップも大敗しており、買い辛い追い切りでした。

ストレンジクオーク

中山競馬場との相性はよく、(3,3,2,2)と馬券内率80%

2000mの相性も良く、いかにも中山金杯向きの馬ですね。

OPクラスへの挑戦はこれが初ですので一気にメンバーレベルが上がって対応できるかがカギ。

内枠を引けば面白い存在。

<<最終追い切り>>

美浦坂

50.8-38.1-26.0-13.2 強め

終いはややばてましたが、全体時計は優秀です。

勝利した前走より状態は良さそうな感じですね。

セダブリランテス

ウインブライトやカデナが56キロで何故この馬が55キロなのか?

ハンデは恵まれましたね。

戦歴は少ないですが過去全て馬券内の安定感。

重賞制覇も果たしています。

前走のアルゼンチン共和国杯では危険な人気馬として扱ってしまいましたが、3着に好走しました。

斤量差こそありましたが、アルバートやカレンミロティックらにも先着しています。

中山の急坂に対応できるかが最大のポイントになりますが、新馬戦で中山ダートは走っており、すんなり対応してくる可能性は高そうです

<<最終追い切り>>

67.2-51.9-38.6-13.6 強め

併せ馬を突き離す豪快な走りでした。

時計的にもそこそこ出ており状態は良さそうですね。

普通に有力視しても良いと思います。

タイセイサミット

良績が東京、中京、阪神と直線の長い広いコースに集まっており、中山向きの馬とは思えませんね。

メイSではアストラエンブレムやクラリティスカイ等強い相手を倒してきましたが、東京競馬場の話。

中山に変わってパフォーマンスを上げるとは思えず、今回は厳しい戦いになると思います。

<<最終追い切り>>

栗東坂

53.4-38.9-25.0-12.3 一杯

前に馬を置いて追走し半馬身ほど遅れ。

動き、時計的には悪くないと思います。

しかし、過去の映像と比べると全体時計はもう少し出ても良いと思います。

絶好調時に比べるとやや物足りない印象。

ダイワキャグニー

毎日王冠4着、キャピタルS1着はこのメンバーに入れば威張れるものですね。

毎日王冠はGⅠと言っても過言では無い位の好メンバーが揃っており、この馬に先着したのはリアルスティール、サトノアラジン、グレーターロンドンとGⅠ級の馬。

マカヒキ、ソウルスターリング、ワンアンドオンリー等のGⅠ馬には先着しています。

しかし、気になるのは東京でしか好走が無い事でしょう。

唯一の中山競馬場でのレースだった弥生賞では超スローペースを先行したにも関わらず9着に大敗。

右回りがダメなのか、急坂がダメなのか、何か問題があるのでしょう。

人気は集めそうですが思い切って軽視します。

<<最終追い切り>>

美浦南W

87.1-70.6-55.0-40.6-13.2 強め

併せ馬を楽な手応えで突き離す内容。

しかし、好走した毎日王冠の時と比べるとやや物足りない時計でしたね。

状態面は悪くはないが絶好調と言うほどでもないと思います。

デニムアンドルビー

前走阪神カップでは約2年半ぶりの馬券内と復活を遂げました。

元々はジャパンカップ2着、宝塚記念2着の実績があり本来の力を取り戻したとなれば気になる存在。

この馬のベストな舞台は阪神内回りでしょう。

しかし、中山とは右回り、急坂と共通点は多いですが、意外とリンクはしない競馬場の印象で、全幅の信頼を置くのは危険。

前走はあのメンバーだったからと言う可能性もまだありますので、個人的には軽視したい

<<最終追い切り>>

栗東CW

86.8-69.5-53.2-38.3-12.0 馬也

併せ馬から半馬身ほど遅れ。

好走した前走の方が良く見えました。

この内容だと正直買いにくいですね。

トーセンマタコイヤ

3歳春に行われた山吹賞ではゴールドアクターを破り1着。

3歳の事ですので重視はしませんが中山競馬場でも強さは見せています。

近走は東京競馬場でのレースを中心に使われていますが中山で求められる立ち回り力はありそうです。

内枠を引けば好走の可能性も十分ありそうですね。

<<最終追い切り>>

美浦南W

69.0-53.3-39.3-13.9 馬也

時計は平凡ですね。

動き自体も悪くなく、いつも通りといった印象。

可もなく不可もなくといった感じで積極的に買いたいという感じでは無いですね。

パリカラノテガミ

同舞台で勝利した準OPの常総Sは勝利しましたが、展開が向いたことも大いにありました。

その後のOP特別や重賞では全く持って良い所が無く大敗を続けています。

そのため今回は52キロのハンデで出走してきます。

そもそも軽斤量の馬は好走できないレースですのでこの馬も消し評価になりますね。

<<最終追い切り>>

美浦南P

69.9-53.8-39.0-12.3

映像も見れていませんが、タイム的にも平凡でいいとは思いませんね。

フェルメッツァ

小倉記念で3着になっている馬です。

その時と同じ55キロで出られるのは大きいですね。

それ以外に特出して書くことはあまり無く、印象の薄い馬って感じがしますね。

福島記念ではウインブライトと0.2秒差の結果でしたが、そこから斤量差は逆転。

そこが唯一の推し材料でしょう。

個人的には軽視する予定です。

<<最終追い切り>>

栗東CW

83.2-68.1-53.4-39.4-13.2

こちらも映像は見れていません。

時計的的には目立って良いとは思えませんね。

追い切り的には軽視な感じ。

ブラックバゴ

前走は渋った馬場も味方につけた様な好走に見えましたが、良馬場でもそこそこは走ります。

同舞台で1000万以下を勝ったレースは差し、追込みが台頭する中、先行して勝利と強い競馬でした。

脚質が安定しない所がありますが、スタートを決め流れに乗れば立ち回り勝負も出来る馬で、1発の魅力は大いにあると思います。

<<最終追い切り>>

美浦南W

81.5-67.2-52.9-39.0-12.6 一杯

3頭併せの内を走りました。

追われるまでは遅れていましたが、追われてからの伸びは良く、最終的には先着。

状態は良さそうです。

枠順次第では重視しても良いかもしれませんね。

マイネルミラノ

もう8歳になりますが、まだまだ戦えます。

オールカマーではスローの逃げからロングスパートの持久戦に持ち込みあわや勝ってしまうのではと思わせる4着でした。

今回のメンツ的にも楽逃げ出来そうで、オールカマーの様な競馬が出来れば面白いですね。

ルージュバックらには捕まりましたが、メンバーレベルは落ちる。

ハンデ57キロもトップハンデですが、58キロを背負わされることも多く問題ないでしょう。

<<最終追い切り>>

美浦南W

70.3-55.3-40.7-13.0 馬也

オールカマーの時ほどではありませんが、近走ではいい時計の部類です。

動き的にも迫力のある動きを見せ調子は良さそうです。

そこそこ重視したい馬だと思います。

レアリスタ

怪我に弱い馬で中々連続して使う事が出来ない馬ですが、今回は順調に使ってくることが出来ました。

堀厩舎というだけで不気味な感じがしますね。

そもそも連続して使う事が少ない馬ですが、叩き2走目より、休み明けの方が良く走る馬。

体調に不安のある馬なので1回叩くという悠長な事を言っていられないという事が原因でしょう。

中山コースの適正ですが、過去1度の経験しか無いのですが、大敗している舞台。

東京コースがベストな舞台で中山向きと言う印象はありません。

堀厩舎と言うだけで買いたくなりますが、ここはグッと我慢

<<最終追い切り>>

美浦坂

56.4-41.4-26.9-13.3 馬也

タイム的には平凡ですが、馬也でさっと流した程度。

堀厩舎ですので仕上がって無いなんてことはないと思いますので、評価的には可もなく不可もなくと言う印象。

確定した枠順と考察

1番 ウインブライト  (56) 松岡

2番 レアリスタ    (55) 石橋

3番 トーセンマタコイヤ(54) 内田

4番 アウトライアーズ (54) 蛯名

5番 デニムアンドルビー(54) 川田

6番 セダブリランテス (55) 戸崎

7番 ブラックバゴ   (56) 岩田

8番 パリカラノテガミ (52) 田中勝

9番 ダイワキャグニー (56) 横山典

10番 タイセイサミット (56) 北村宏

11番 ストレンジクオーク(54) 柴山

12番 フェルメッツァ  (55) 田辺

13番 ジョルジュサンク (54) 吉田隼

14番 マイネルミラノ  (57) 柴田大

15番 ショウナンマルシェ(53) 三浦

16番 ケントオー    (56) 勝浦

17番 カデナ      (56) 福永

有力馬を見ると、ウインブライトが1番、セダブリランテスが6番、ダイワキャグニーは9番とそれぞれ内目の良い枠を引いたと思います。

特にセダブリランテスは後入れの内枠と絶好。

これは下手に逆らわない方が良さそうですね。

個人的に狙おうと思っていたマイネルミラノは14番と死に枠に。

これは厳しい枠順となってしまいましたね。

さらに人気の一角を担いそうなカデナも大外枠。個人的には軽視の予定でしたがこれで思い切って消せます

逆に穴で面白そうなのが、アウトライアーズやブラックバゴ

内で脚を溜める競馬が出来ればチャンスはありそうですね。

今年もちょい荒れ位の配当になりそうで、危険な人気馬、好走しそうな穴馬をしっかり見極める必要がありそうです。

最後にブログランキングにて追い切りが良かった馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

追い切り良①↓

人気ブログランキングへ

追い切り良②↓

[最強]競馬ブログランキングへ

<<2018年サクッと儲けましょう!!>>

競馬で安定して勝つことは難しい。

つくづく実感してきていることなのですが、給料の他に毎月20万円の副収入があれば思う存分競馬をエンジョイできますよね。

「負けた分を取り返さなきゃ」そう熱くなってしまえば、破滅への第一歩。

「少々負けたって副収入があるから大丈夫!」

こんなメンタルで競馬が出来れば穴狙いに徹することも出来たり、平常心で予想が出来ますよね。

「20万円の副収入って何!?」

その答えは、次世代型ストックビジネス

詳しくはこちら→https://datsusarakeiba.com/doterra/

を見てみてください!

私の様なサラリーマンでも十分実践可能なビジネスですよ!

スポンサードリンク




==========PR==========

【無料予想4週連続的中へ更新!】

2018年最初の重賞を当てることは、今年の競馬運を占うもの。
なんて考えている方は多いと思います。
無料予想が4週連続、つまり昨年12月毎週的中しているという事です。
普通に考えてすごいことです。
このサイトから金杯の情報が提供されることが決まりましたので、ほしい方は無料登録してみてください。
⇒ コチラ

参考に、予想公開画面と的中PATはコチラです。

【中山12R 510,600円勝ち】

【30万超えの重賞的中実績】

3連単は12点~36点。
2018年は的中からスタートしよう。
⇒ 予想はコチラ

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする