【ダイヤモンドステークス2018の予想】過去の傾向や出走馬考察等~この舞台は俺の庭!!酷ハンデもフェイムゲーム有力~

今回はダイヤモンドステークスについて書いていきます。

数少ない長距離の重賞ですので適正がモロに出るレース。

過去2度制しているフェイムゲームが人気の中心でしょうが、昨年は6着に敗れ、58.5キロと重いハンデを背負います。

比較的荒れる傾向にあるレースですのでしっかりと調べて長距離適正の高そうな馬を探していきましょう。

スポンサードリンク




過去10年のデータ

枠順

枠順はやや外目が有利。

しかし、そこまで極端な傾向ではありませんね。

人気

1番人気、2番人気の複勝率が70%と安定しています。

しかし、6番人気馬の好走率も高く、15番人気の勝ちもあり、人気3頭で決まるとは思えませんね。

年齢

4歳馬の成績が良いですね。

しかし、7歳馬まではまんべんなく来ており、年齢よりも適正重視で考えた方が良さそうです。

斤量

軽すぎる斤量は割引。

ハンデ戦と言えどもそれなりの実績が求められそうです。

脚質

差し馬が有利。

長い直線をフルに活かして末脚を伸ばす馬を狙いたい。

==========PR==========

独自の指数「コラボ指数」で楽々予想!
驚異の的中率!うまコラボ
無料会員登録で18レース分の指数が見れます。

上画像をクリックして無料会員登録へどうぞ!

======================

上位人気馬の考察と追い切り診断

続いて上位人気が想定される馬を見ていきます。

フェイムゲーム

2014年、2015年を連覇、2016年2着とミスターダイヤモンドステークスと言っても過言ではありません。

しかし、昨年は6着に敗れており、今年はさらに重い58.5キロの斤量を背負います。

東京の舞台は得意舞台で、昨年は目黒記念を制しています。

年末のステイヤーズステークスもアルバートの2着があり、衰えは見え始めていますがまだまだ健在。

今年も当然有力な1頭だと思います。

<<最終追い切り>>

美浦南W

55.8-40.8-13.4 強め

馬也の併せ馬と併入。

正直手応えでは劣っていました。

しかし、追い切りはいつもこんな感じですので気にする必要はないか。

良くも悪くもいつも通りの状態でしょう。

ホウオウドリーム

東京競馬場での良績が多く、唯一敗れた前走も僅差の4着。

末脚のキレが自慢の馬で、確実に脚を使ってくる馬。

まだ準OPクラスの馬ですが、52キロのハンデは魅力で、成長真っただ中の4歳馬ですので面白い存在だと思います

<<最終追い切り>>

栗東坂

53.1-37.9-24.6-12.2 一杯

一杯に追われ終いは伸びました。

しかし、併せた馬にはやや遅れ

追い切りは動く馬でいつもこれくらいの時計は出す馬です。

特別良いという訳では無いと思います

プレストウィック

ステイヤーズステークスではアルバート、フェイムゲームの3着。

フェイムゲームとは0.3秒差つけられましたが、今回は斤量差が3.5キロになります。

当然逆転可能な斤量差になると思いますが、昨年よりは厳しい斤量差。

舞台適正はどちらかと言うと中山向きだと思いますし、昨年も負けているレース。

人気するなら嫌いたい馬でしょう。

<<最終追い切り>>

美浦南W

83.5-68.3-53.9-40.3-13.4 一杯

2馬身程馬を追いかけ、1馬身ほど先着。

前走ステイヤーズSと同等。前々走アルゼンチン共和国杯の時より良い状態だと思います。

この馬の力は出せる状態でしょう。

ソールインパクト

前走日経新春杯は案外な結果でしたが、2走前アルゼンチン共和国杯で2着になった馬。

3000m超のレースは初ですが、メンバー的にはタフなレースにはなりそうにありませんので、2500mが走れるなら問題ないでしょう。

好位抜け出しの競馬が売りで不発の少ない脚質です。

ここも安定勢力ではないでしょうか。

<<最終追い切り>>

美浦南W

66.8-51.8-38.5-13.2 強め

馬場の外目を通ったにも関わらず、近走の最終追い切りの中では一番早い時計が出ています。

併せ馬にもきっちり先着し、状態もよさそうです。

追い切り的には評価できる内容だと思います。

レジェンドセラー

前走AJCCでは見せ場無く敗戦。

さすがにいきなりGⅡは荷が重かったか。

そのAJCCの時の出走馬分析の際、

「長距離適正は高い。」

「万葉SやダイヤモンドSで見たかった馬」

という評価をしています。

そんな馬が狙い通りダイヤモンドSに出てきました。

ハンデも54キロと手ごろです。

これは狙いたいですね。

<<最終追い切り>>

美浦南W

82.4-68.1-52.8-38.5-12.9 一杯

一杯に追われましたが、終いの伸びは秀逸。

3馬身ほど馬を追いかけ1馬身ほど先着し、状態的には良さそう。

しかし、前走も同じようなデキにあったという事実はありますが・・・

確定した枠順と寸評(NEW!)

枠順も発表されました。

まずは枠順を確認下さい。

一番人気になるであろうフェイムゲームは大外14番

外枠有利の傾向だったので、絶好枠と言えそうですね。

その他の有力馬は内目に配置されました。

これがどう出るか。

次に展開予想をしていきましょう。

展開予想

今回は簡易版で最終コーナーでの位置取りを予想してみました。

先行力の高いグランアルマダが先頭。

ラブラドライトやソールインパクトが好位集団に付けます。

フェイムゲーム、ホウオウドリーム、レジェンドセラーあたりは外から進出していきます。

ペースはおそらくスロー

瞬発力勝負となりそうですね。

以上過去の傾向や出走馬を見てきました。

フェイムゲームは当然有力だと思いますが、昨年の負けや酷斤量を考えると軸にはし辛い印象です。

個人的には手ごろな斤量の馬を狙いたい

最後にブログランキングにてダイヤモンドSで狙いたい注目馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

注目馬①↓

人気ブログランキングへ

注目馬②↓

[最強]競馬ブログランキングへ

無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

今週は当ダイヤモンド小倉大賞典の予想をメルマガ配信します。

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

アンケートご協力ください!

スポンサードリンク




==========PR==========

【予想の面倒な作業はお任せ】目となり足となるサイト

競馬を当てるには、過去データや血統、レース当日にはパドックや馬場など大量の情報を集める必要があり本当にたいへんですよね。
しかし、トレセンに行かなくても本物のトレセン情報は手に入るんです。

当社重賞レースは全て3連単30点以内!!
すでに次週へ向け各地へ全情報班を派遣。
他社や各TMに先んじて徹底取材中。
妥協の無い情報収集を全力で敢行しております。
重賞に強いヒットザマークが全力で獲りに行きます。
即【SOLDOUT】は必須状態!!
すでに現地班より「今年は中位~下位人気での決着となっても不思議はない」との報告もあり、現在慎重に・入念に情報収集を行なっております。
すでに馬場状態や会場、気候等も徹底的に調べ上げているヒットザマークがここでも有利。
一番の攻略情報はやはり当日の情報!!
当社には当日入手の情報があり、重賞攻略は確信的!!

※メルマガ引用※


あなたの目となり足となってくれる頼もしいサイトは
コチラ

先週はこのサイトの情報を活用して、2月11日東京11R共同通信杯
3連単的中で、10万円以上の配当を獲得できました。

【注目】今週の重賞は18日(日)フェブラリーステークス(G1)が鉄板です。
徹底的に調べ上げられた情報と共に2018年最初のG1レース、皆さん取りましょうよ。


あなたの目となり足となってくれる頼もしいサイトは
コチラ

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする