【ドバイ国際競争2019】出走する日本馬をまとめました~怪物少女が世界デビュー!~

今回はドバイ国際競争の予想について書いていきます。

今年もドバイワールドカップデーがやって参りました。

今年も多くの日本馬が世界の舞台に挑戦してくれます。

時間は土曜日の深夜。

夜中にも競馬を楽しめるのはサイコーですね。

今年の注目はやっぱりアーモンドアイでしょう。

秋の凱旋門挑戦も噂されていますが、まずはこのドバイで結果を残せるかどうか。

日本最強馬としての威厳を見せて欲しいですね!

この記事では各レースに出走する日本馬を中心に見て行こうと思います。

まずはアンケートから。

では予想へ参りましょう!!

スポンサードリンク




ドバイ国際競争の予想

ドバイターフ

今年の最注目レースはこれですね。

アーモンドアイが世界の舞台へデビューです。

芝1800mで行われますがどんな馬が出走してくるのでしょうか。

アーモンドアイ

日本最強馬の登場です。

昨年は楽々3歳牝馬3冠。

さらにジャパンカップで圧巻の世界レコード勝ちです。

異次元の末脚が武器の馬でしたが、ジャパンカップでは好位での立ち回りの競馬も見せており正直国内では敵なし。

懸念点を探すとすれば中山のようなトリッキーなコースがどうか位です。

世界レーティングでもここではずば抜けていますし、当然中心の存在でしょう。

後は海外遠征が合うかどうかだけ。

ディアドラ

昨年の3着馬で2年連続の参戦です。

牝馬ならではの末脚のキレを持っており現役屈指の末脚を使える馬。

主戦だったルメール騎手はアーモンドアイに乗りますが、この馬にはモレイラを確保。

直線の長いドバイならこの馬の持ち味は存分に発揮できるのではないでしょうか。

ただ、アーモンドアイに勝てるかどうかは微妙。

ヴィブロス

2年前の勝ち馬で昨年も2着。

余程ドバイの舞台が合うのでしょうね。

年齢こそもう6歳ではありますが、まだまだ現役です。

この馬も末脚のキレで勝負するタイプでドバイコース向きという事でしょう。

騎手はバルザローナ。

日本ではそこまで活躍出来ませんでしたが、自国ではかなりレベルの高い騎手でもありますので心配無用でしょうか。

ただ、アーモンドアイとは力の差がありそうですね。

ドリームキャッスル

日本馬最大のライバルがこの馬でしょう。

鞍上をスミヨンに変えてから破竹の3連勝。

いずれも舞台はメイダンの芝1800m。

舞台適正は非常に高そうで、自国開催の地の利はあります。日本馬に割って入るならこの馬でしょうか。

ドバイシーマクラシック

舞台はメイダン芝2410m。

10mが中途半端ですが、ほぼ2400mと考えていいでしょう。

ダービーやジャパンカップで好走した馬がここを狙いに来ます。

出走馬を見て行きましょう!

レイデオロ

一昨年のダービー馬でジャパンカップも3歳馬ながら2着になりました。

昨年もこのレースのは挑戦しましたが4着に敗れています。

初の海外遠征という事で自分の力が出せませんでした。

昨年に引き続きの挑戦ですので去年よりは良いレースが出来るのではないでしょうか。

そもそも海外がダメという可能性もありますので、全幅の信頼は置き辛いですね。

シュヴァルグラン

一昨年のジャパンカップの勝ち馬です。

前途したレイデオロにも勝利しています。

昨年末で引退といわれていましたが、まさかの現役続行。

今年は海外を中心に戦っていくようです。

鞍上は相性のいいボウマン騎手。

もう無理だと思われていた昨年の有馬記念でも3着に持ってくる位です。

海外遠征に対応できればチャンスはありそうですね。

スワーヴリチャード

昨年のジャパンカップ3着馬。

アーモンドアイ、キセキには負けましたがシュヴァルグランの猛追は退け何とか3着という内容でした。

鞍上はモレイラという事で期待できますね。

強い馬と言われていますが、実はそこまで強くない説を私は唱えています。

大阪杯は捲りの競馬がハマっただけ。

金鯱賞、アル共は相手が弱いだけ。

ジャパンカップではキセキにも大きく差をつけられているという内容ですのでそこまで圧倒的な力があるとは思えないんですよ。

海外適性があれば上位に入るかもしれませんが、そこまで重視したいとは思えませんね。

オールドペルシアン

日本馬のライバルはこの馬。

前哨戦でもある同舞台のドバイシティーオブゴールドを勝利しています。

G1実績こそないものの舞台適正は高そうで一発の魅力はありそうですね。

後は欧州の雄オブライエン厩舎の多頭出しにも注目ですね。

ドバイワールドカップ

日本馬の挑戦は少ないですが、これがドバイのメインレース。

1着馬へ与えられる賞金は約6億円。

とんでもない額ですね。

出走馬を見て行きましょうか。

ケイティブレイブ

フェブラリーステークスに出走せずこちらに照準を定めてきました。

地方競馬での良績が多く、砂質に大きく左右されるタイプだと思います。

時計が掛かれば掛かる程力を発揮できる馬ですね。

ドバイの馬場次第でしょうか。

日本では売れるんでしょうが、相手も強いですよ。

サンダースノー

昨年の勝ち馬で連覇を狙います。

ダート大国アメリカのレースでも勝ち負けしているように能力はトップクラスと言ってもいいでしょう。

相手関係見ても連覇する可能性は十分にあり得ますね。

ヨシダ

アメリカで活躍している馬ですが、実は日本生産馬。

ハーツクライ産駒という事でアメリカでも芝を中心に使われてきた馬ですが、ダートG1も勝っています。

芝、ダート兼用の二刀流で、BCクラシックでもサンダースノーとも僅差の競馬が出来ています。

ノーザンファーム生産馬という事で日本馬が活躍できないとなれば頑張って欲しいですね。

ドバイゴールデンシャヒーン

ダートのスプリント王を決める戦いです。

過去日本馬の好走はありませんが、今年はどうでしょうか?

出走馬を見て行きましょう!

マテラスカイ

日本馬はこの馬。

スプリント能力は非常に高く、快足逃げが持ち味。

軽い砂が得意で地方のようなタフな馬場になると急に弱くなります。

昨年のゴールデンシャヒーンも5着と敗れていますし、今回も厳しい戦いになりそうですね。

ロイエイチ

昨年は断然の人気に推されましたが3着に敗れてしまいました。

昨年と全く同じローテーションで挑んできますし、昨年と同じく3連勝してきています。

今回も人気するでしょう。

今年こそタイトルが欲しい所ですね。

エックスワイジェット

このレースは昨年、一昨年と連続で2着。

休み明けを2度叩いてここに向けてしっかり仕上げてきた印象です。

毎年好走する馬というのはやはり押さえておきたいですね。

以上ドバイ国際競争の出走馬を考察してきました。

芝の2レースは日本馬の活躍も大いに期待できますね。

日本馬で馬券内独占もあるかもしれませんね。

ただ、配当妙味を求めるなら海外馬。

重視したい海外馬は積極的に買っていきたいと思います。

最後にブログランキングにてドバイ競争で重視したい海外馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

重視する馬↓

人気ブログランキングへ

ついでにこっちもよろしくです↓

[最強]競馬ブログランキングへ

無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

今週は大阪杯の最終予想をメルマガ配信します。

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

スポンサードリンク




==========PR==========

毎日!地方競馬の予想をメールで無料公開!

もちろん!中央競馬の情報もしっかり更新しております。

ただ、地方競馬は当てやすい。
中央競馬は高配当を狙うという使い分けをしているということ。

こんなサイト今までにありましたか!?

地方競馬は堅実に的中させ、中央競馬でガツンと配当得る。

このようにしっかり高配当を的中しているから驚きです!

ちょっww
地方競馬でも高額配当を的中しているので
地方競馬もただ当たるってわけではなさそうですねw

しかも今週は無料で

【大阪杯】の予想も配信予定!

※もちろん全員が入会できるわけではなく
人数限定での募集なのでお急ぎください!

なぜこれだけの的中を出せるのか!?
気になるところですよね…。
しかしこれは企業秘密。無料登録した方だけが知れるという仕組みです。

もし、あなたが明日からの競馬ライフをもっと楽しみたい!
そして勝ちたい!と、思っているなら
的中データラボにまず入会すべきでしょう。

それだけの信頼と、実績ありますし、無料ですからね、入って損はないわけです。

▼無料登録は簡単!メールアドレスを送信するだけです。▼

※入会は先着となりますのでお急ぎください。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。