【JBC競争2019予想と出走馬考察】史上初の浦和!コース形態も紹介します

今回はJBC3レースについて書いていきます。

11月4日(月)に行われるレースで、地方ダートの祭典。

今年は史上初の浦和で行われます。

正直あまり良く知らない競馬場でもありますのでどういうコースなのかも書いていきます。

1日に3つもG1があるとなればかなりの盛り上がりだと思いますので、馬券の方も的中させたいですね!

基本的にはJRA馬が強いです。

出走するJRA馬について中心に書いていきます!

では予想へ参りましょう!

スポンサードリンク




JBC競争の予想

浦和コースの紹介

まずはあまり見慣れない浦和コースのついて考えて行きます。

1週1200mとかなり小規模なコース。

直線も200mほどしかなく、当然ながら先行馬が圧倒的有利なコースです。

差し馬は3コーナー位から押し上げて行かないといけないのでコーナリングがヘタな馬はかなり厳しいレースになると思います。

短距離でもコーナー4つのコースになりますので、立ち回り力は考えておきたいですね。

JBCクラシック

では出走する有力馬を見て行きます。

オメガパフューム

昨年の東京大賞典、今年の帝王賞と地方交流G1を2勝。

実績はここでは最上位でしょう。

しかし、今回の舞台は浦和。

差し脚質のこの馬にとってこの舞台はマイナスでしょう。

直線の長い大井なら確勝級かと思いましたが、浦和なら一紛れあってもいいかも。

チュウワウィザード

デビューしてからまだ一度も馬券外が無い堅実派の馬。

前走帝王賞ではオメガパフュームに敗れましたが、その前の平安Sでは倒しています。

それなりに先行力もあり、安定感のあるタイプですので、ここでも崩れる可能性は低いでしょう。

軸にするならこの馬でしょう。

クインズサターン

上2頭に比べると格下感はありますが、中央の重賞で馬券になれるだけの力はあります。

ただ、極端な差し馬ですので展開の助けは必要です。

そして直線の短い浦和は大きなマイナスですね。

馬券外もあり得ると思います。

ロードゴラッソ

前走シリウスSを勝利。

重賞では少し足りない馬かと思いましたが、前走のメンバーレベル位なら何とかなったという感じですね。

そして、今年のJBCはメンバーレベルはそこまでですのでこの馬が通用しても何ら不思議はない感じ。

アンデスクイーン

牝馬がクラシックに挑戦してきました。

地方交流重賞を2連勝中と勢いのある馬ですが、牡馬相手にどこまでやれるかですね。

JBCレディスクラシック

ゴールドクイーン

かきつばた記念を勝利しており、地方の競馬も得意。

先行力あるタイプですので浦和も歓迎のクチでしょう。

ただ、ハナを切れなかった2走前は大敗していますし、自分の競馬がどこまでできるかでしょう。

そして距離も実は心配。

ベストは1200mだと思いますので後200mをどうこなすか。

ファッショニスタ

昨年のJBCレディスでも3着。

今年に入っても安定感のある走りをしており、重賞勝ちもあります。

距離の融通は利くタイプで1800mでも結果を出していますが、ベストは1400mでしょう。

前にも行けるタイプですので好走の可能性は高いでしょう。

モンペルデュ

生粋のスプリンターですね。

距離がJBCスプリントもレディスクラシックも同じ距離ですのでこちらの出走してきました。

とにかくテンのスピードが早く、ハナを切り押し切る競馬で結果を出してきました。

地方の砂がどうかと距離1400mが課題。

ヤマニンアンプリメ

地方交流重賞2勝と地方で結果を出すタイプ。

珍しい差しスプリンターであり、前がやり合うレースでは確実に力は出してくるタイプです。

逃げ馬が多いレースですので出番はありそうですが、如何せん浦和の舞台。

前半でどこまでポジションが取れるかがポイントでしょう。

レッツゴードンキ

ここに出てきましたか。

芝を走ったりダートを走ったりとタフな馬ですね。

年齢ももう7歳という事で上り身はないと思います。

最後にひと花咲かせたいという気持ちがあるのでしょうか。

行き脚も衰えてきていますし、浦和コースもマイナスでしょう。

応援はしたいと思いますが、馬券的には・・・

JBCスプリント

コパノキッキング

今の短距離ダート馬の大将格。

前走と東京盃で藤田菜七子騎手の重賞初勝利となりました。

逃げて良し、控えて良しのタイプで展開不問で好走出来るタイプ。

ここでも中心であることは間違いないでしょう。

サクセスエナジー

前走東京盃で2着。

コパノキッキングには力差を見せつけられましたがまだまだ力のある所は見せました。

ただ、距離1200mで復活した印象ですので再度1400mに戻るのはマイナス。

前に行ける馬ですので浦和は良いと思いますが、果たしてどうでしょうか。

ノボバカラ

かつては南部杯でコパノリッキーの2着になったことのある馬で自力は認めます。

ただ、もう7歳で明らかに衰えはあります。

先行力もなくなってきているような感もありますので、さすがに厳しいと思いますが。

ファンタジスト

初ダート。

芝では高いスプリント適性を持っており、セントウルS2着の実績があります。

正直言うと使うレースが無いからここに出てきた感が半端ないですね。

ダート適性は計り知れない所はありますので、実はめちゃくちゃ強かったという可能性はありますが、あまりそそらないですね。

ミスターメロディ

久々のダート戦になります。

元々はダートで条件戦を勝ち上がっていましたので適性が無い事はないでしょう。

ダートなら距離1400mもこなしていましたし久々のダートという事で舐められているなら一発あってもおかしくはないと思います。

以上JBC出走予定馬を見てきました。

浦和開催という事もあるのでしょうか。

今年はメンバーレベルが低い感じがしますね。

力関係をしっかり比較して的中させていきたいと思います。

最後にブログランキングにてJBC競争に出走する中での最注目馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

注目馬↓

人気ブログランキングへ

ついでにこっちもよろしくです↓

[最強]競馬ブログランキングへ

無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

今週はアルゼンチン共和国杯の最終予想をメルマガ配信します。

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

スポンサードリンク




==========PR==========

コーフィールドC優勝のメールドグラース出走予定!

豪の国民的行事「メルボルンカップ

前走のコーフィールドCで鮮やかな差し切り勝ちを決めたメールドグラース。G1連勝に向けて挑戦するのはオーストラリア最大のレースであるメルボルンカップ!メールドグラースを応援したいけど馬券も楽しみたいという方にうってつけの予想さんをご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━

先週行われた秋の天皇賞含めて夏から重賞をすごい勢いで的中させています↓

宝塚記念から追いかけ始めたのですがここまで的中を挙げるのはさすがだと思います!秋のG1はオール的中を継続中。今週も期待ができそうですね!?

━━━━━━━━━━━━━━━━

ここで朗報です!今回ここではメルボルンカップの買い目を無料配信します!頭数も多くなるオーストラリア競馬で出回る情報が少なく予想も難しいので助かりますね。重賞でもこれだけの実績を残しているここの無料買い目は見ておいて損はないでしょう! 先週もこの無料買い目は26日(土)に3連複20,970円を的中させてるので勢いもあります。

メルボルンカップの無料買い目をチェック!

メルアド入力→返信メール内リンククリックでOKです!(登録無料) 日曜のチャンピオンズC前哨戦『みやこS』も無料買い目配信してくれるそうですので楽しみな週末配信です。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする