神戸新聞杯2017の予想~過去のレースから好走馬を探せ!~

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

今回は、今週日曜日に行われる神戸新聞杯について書いていきます。

先週月曜日と本日火曜日は、所用があり家を空けております。

今も出先で記事を書いていますので、少し内容の薄い記事になる可能性がありますが、予めご了承下さい。明日からは通常営業で進めていきますのでよろしくお願いします。

少し、更新が空いてしまいましたので、遅くなりましたが、先週月曜日の

予想結果を簡単に振り返っておきます。

月曜日の予想は、

こちら→セントライト記念、仲秋ステークスの印付き予想~何より欲しいのは優先出走権~

にて予想をしていました。

併せてご覧ください!

スポンサーリンク




==========PR==========

独自の指数「コラボ指数」で楽々予想!
驚異の的中率!うまコラボ
無料会員登録で18レース分の指数が見れます。

======================

月曜日の予想結果

中山11R セントライト記念

1着 ◎ ミッキースワロー

2着 〇 アルアイン

3着 無 サトノクロニクル

◎→〇で決着し馬連的中しました!

買い目通りの均等買いだとガミになりましたが、◎→〇が安すぎるので個人的に買い足しをし、プラスで終えることが出来ました。贅沢をいうなら4着のスティッフェリオが3着なら・・・

阪神11R 仲秋ステークス

1着 〇 サングレーザー

2着 ☆ ビップライブリー

3着 無 ペガサスボス

こちらは◎のエスティタートが凡走してしまいハズレでした。

※PAT画像更新しました。

(個人的にブログ予想の回収率をつけ始めているのですが、馬連の買い足しは何の告知もしてなかったので回収率の計算からは外します。

結果的に土日月と3日連続的中!

いい流れで来ていますので、今週もバチッと的中させていきます!

それでは本題、神戸新聞杯の予想へと行きましょう。

神戸新聞杯について

まず注目すべきはダービー馬レイデオロの参戦でしょう。

このまま菊花賞に向かうかはわかりませんが、古馬戦に向かうとしても十分な賞金を持っていますので、叩きのレースに徹してくるでしょう。

セントライト記念もアルアインは2着。馬券内は確保しましたが、単勝1倍台にも支持された馬があっさりと負けてしまいました。

やはり狙うべきは「優先出走権」を本気で取りに来ている馬でしょうね!

過去3年の神戸新聞杯

<2016年>

1着 サトノダイヤモンド

2着 ミッキーロケット

3着 レッドエルディスト

ロードヴァンドールの逃げでスローペース。

上位入賞馬は中段~後方から競馬を進めた馬で、直線で上位の上りを繰り出した馬でした。

圧倒的1番人気のサトノダイヤモンドは勝ちこそしましたが、完全に叩きの1戦であわやミッキーロケットに負けてしまうのでは!?と思わせる内容でした。

ですが、その後の菊花賞では圧勝。有馬記念ではキタサンブラックも破り1着となるほどの馬。能力の違いだけでねじ伏せた内容でした。

ミッキーロケットは1000万クラスを勝ったばかりで何としてでも優先出走権を取りたかった馬に該当しましたね。

<2015年>

1着 リアファル

2着 リアルスティール

3着 トーセンバジル

リアファルの逃げでスローペース。

その他上位勢の位置取りは、リアルスティールが中段、トーセンバジルは後方からの競馬でした。

ペースの恩恵もあって、リアファルが全体2位の上りを使い逃げ切り勝ち。

2着は1位の上りを使ったリアススティール。3着は2位の上りを使ったトーセンバジルでした。

リアファルは準OPまで勝ち上がってきた馬で、賞金自体は足りていましたが、芝転向2戦目で今後通用するかどうかを見極めるためにも好走しておきたい所でした

トーセンバジルについては500万を勝ち上がっただけの賞金しかなく、完全に優先出走権の必要な馬でした。

<2014年>

1着 ワンアンドオンリー

2着 サウンズオズアース

3着 トーホウジャッカル

トップボンバーの逃げでスローペース。

上位馬の位置取りは、ワンアンドオンリー、サウンズオブアースが後方、トーホウジャッカルが中段からの競馬となりました。

4コーナーでワンアンドオンリーワンアンドオンリー,サウンズオブアースが捲っていき先団へ取り付いていき直線も早い上がりを使い1着、2着でした。

サウンズオブアースは500万勝ちに重賞2着の賞金、トーホウジャッカルは500万勝ちの賞金しかなく、優先出走権を取りに来た馬でした。

まとめ

以上過去3年のレースを見てきましたが、共通して言えることは以下です。

・優先出走権を取りに来た賞金の少ない馬の激走

・速い上がりを使う馬が好走

・世代最上位級と言われる馬は叩きでも馬券になる(勝つとは限らない)

といったところでしょうか?

ダービー馬レイデオロは世代最上位の実力といっても過言では無さそうですが、何せこの世代の牡馬のレベルが低い。(昨年が高すぎたのでそう思うだけかもしれませんが・・・)

ダービー馬と言えども過信は禁物として考えていきたい所です。

何度も言いますが、やはり狙うべきは「優先出走権」を本気で取りに来ている馬でしょう。

最後にブログランキングにて、神戸新聞杯での注目馬を書きます!

注目馬1↓

注目馬2↓

スポンサーリンク



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
<ブログランキング>
1日1クリックご協力お願いします。


ブロトピ:こんなブログ更新しました(o^▽^)o)ペコッ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする