【大阪杯2018の予想】過去の傾向や出走馬考察、追い切り診断等々~キタサンブラックの後継者は誰だ!スワーヴリチャード筆頭??~

今回は大阪杯について書いていきます。

いよいよ先週から春のGⅠシリーズに突入しましたね。

競馬が盛り上がってくる季節になりました!!

皆様は高松宮記念はいかがでしたでしょうか?

古馬GⅠを得意としている私ですが、当の高松宮記念は、

本命レッツゴードンキ

対抗ファインニードル

の予想で馬連3点で的中!!(配当は安いですが・・・)

とにかく春のGⅠシリーズを的中でスタートすることが出来ました!!

この勢いで全部取るつもりでしっかり予想していこうと思います。

さて、肝心な大阪杯ですが、豪華なメンバーが揃いましたね。

同日にドバイでのレースがありますが、国内に残ったメンバーでの有力所はほとんど全て出てきたのではないでしょうか?

前走金鯱賞快勝のスワーヴリチャード、有馬記念でキタサンブラックを破ったサトノダイヤモンド。この2頭は人気になってきそうですね。

さらにジャパンカップ1着馬のシュヴァルグランもいますね。

レベルの高いレースが見られそうで予想のし甲斐もありそうですね。

尚、大阪杯でもサイン馬券の考察を行いました!!

フェブラリーステークスでは、ノンコノユメ、ゴールドドリームの夢馬券。

先週の高松宮記念ではレッツゴードンキのショッピング馬券。

スポンサードリンク




予想オッズ

まずは予想オッズを見ていきましょう。

スワーヴリチャード 2.6

サトノダイヤモンド 3.7

アルアイン     3.9

シュヴァルグラン  10.9

ミッキースワロー  12.5

ご覧の様なオッズ。

金鯱賞快勝のスワーヴリチャードが1番人気。

鞍上も含めて納得の1番人気でしょう。

続くのがサトノダイヤモンドとアルアイン。

離されてシュヴァルグラン、ミッキースワローとなりそうです。

正直どの馬が来てもおかしくは無さそうです。

過去10年のデータ

続いて過去10年のデータを見ていきます。

枠順

顕著な傾向が出ていますね。

外枠有利な傾向です。

そもそもの頭数が少ないのはありますが、1枠、2枠は絶望的な数字ですね。

ちなみにGⅠに昇格した昨年は4枠→3枠→8枠と比較的内目ですが、1、2枠は来てませんね。

人気

これも顕著。

上位人気馬が信頼できますね。

特に1番人気の馬券内率は90%と軸には最適な印象ですね。

ちなみにGⅠに昇格した昨年は1番人気→7番人気→4番人気と小波乱の結果でした。

年齢

またまた顕著な傾向です。

4歳馬~6歳馬の好走率が圧倒的ですね。

特に勝ちで言うと4歳、5歳から。

ちなみにGⅠに昇格した昨年は5歳→6歳→5歳の結果です。

脚質

脚質はほぼ変わりません。

基本的に競馬は先行有利の傾向ですので、差しが良く決まる傾向にありますね。

ちなみにGⅠに昇格した昨年は先行→先行→差しで決まりました。

==========PR==========

独自の指数「コラボ指数」で楽々予想!
驚異の的中率!うまコラボ
無料会員登録で18レース分の指数が見れます。

上画像をクリックして無料会員登録へどうぞ!

======================

出走馬考察と追い切り診断

※追い切り診断追記しました。

続いて出走馬を見ていきましょう!!

アルアイン

前走京都記念では2着。

叩きのレース、渋った馬場と厳しい条件でしたが、レイデオロ、モズカッチャンには先着。

次走に繋がるレースだったと思います。

過去に大きく負けたのは3度のみで、渋った馬場に加えて不利があったシンザン記念と距離が長かったダービーと菊花賞。

2000mの距離は皐月賞を勝った距離でもあり、ベストの距離ではないでしょうか。

好位で競馬の出来る馬で不発の少ない馬です。

阪神競馬場も外回りですが2戦2勝の舞台。

特に嫌う要素もありませんね。

後はそもそもの能力が足りるかどうか。

<<最終追い切り>>

栗東CW

50.1-36.4-11.7 馬也

3頭併せの最内。

ペルシアンナイトと併入でした。

時計的には好タイムで手応えも良かったと思います。

前走時とタイムは同じくらいですが、今回の方が楽に時計を出しているようにも見え、叩いた上澄みはありそうです。

大舞台に向け十分に仕上がっているでしょう。

ウインブライト

前走中山記念は良い競馬でした。

この馬は完全に小回り巧者で中山、福島に良績が集まっています。

内回りとはいえ、少し求められる適正は違うような気はしますね。

そして関西遠征も初めてと言うのも気になります。

積極的に狙いたいとは思いませんね。

<<最終追い切り>>

※濃霧の為映像、時計確認できませんでした。

ゴールドアクター

2015年の有馬記念の勝ち馬。

2016年も3着に入っています。

阪神内回りは宝塚記念で3着に入っている舞台で舞台適正自体は合いそうです。

鞍上も今回は吉田隼人に戻るようですし、鞍上としてはここで好走してこの馬を取り返したい所でしょう。

入れ込みが激しくなりがちな馬ですので、当日のパドックや返し馬をしっかりと確認したい所。

さらにデータ的には厳しい7歳馬ですので、強くは推せませんね。

<<最終追い切り>>

※濃霧の為映像、時計確認できませんでした。

サトノダイヤモンド

昨年フランス遠征をしたことにより、忘れ去られた馬になっていましたが、2016年の有馬記念ではキタサンブラックも倒し1着になっています。

元々持っている力は現役最強の可能性も高く、ここは狙いどころかもしれません

前走金鯱賞は3着に敗れてしまいましたが、叩きのレースはパフォーマンスを落とす馬で、海外帰り初戦を考えると最後は良く伸びたと評価しても良いと思います。

ここは有力な馬だと思いますが、唯一の懸念点が鞍上ですね。

主戦のルメール騎手はドバイに行ってしまいますので今回は戸崎騎手が騎乗予定です。

例年は先週にドバイワールドカップデーが行われていたので、タイミングが悪いですね。

ただ、馬自体はおそらく一番強いと思いますのでそこまで気にしなくても良いかもしれませんね。

<<最終追い切り>>

栗東CW

85.4-68.8-54.0-39.8-11.7 強め

中間は軽めの追い切りのみでしたので、最終は強めに追ってきました。

終いはしっかりと伸び、併せ馬も突き離しました。

しかし、前走時と同じくらいの内容にも見えますし、まだ本調子とは言い切れないと思います。

サトノノブレス

前走金鯱賞は前有利の展開に味方され2着に好走しました。

GⅠでは足りない馬ですので軽視でいいと思います。

<<最終追い切り>>

栗東CW

84.2-68.0-52.2-37.6-11.5 強め

馬場の大外を回って好タイム。

前走時よりも時計を詰めてきており、叩いた上澄みもありそうですね。

追い切りは悪くないと思います。

シュヴァルグラン

今年はこの馬が古馬3冠の道を歩みます。

昨年のジャパンカップではキタサンブラック、レイデオロも破っての勝利ですので評価できますね。

エンジンの掛りが遅く、直線の長いコース向きの馬だと思っていましたが、ボウマンが乗る様になってから立ち回り力もついて来て有馬記念でも3着。

今なら直線の短いコースでも対応は出来そうですね。

しかし、当然ながらこの馬の最大目標は天皇賞春。

叩きのレースは取りこぼす傾向にありますので、昨年のキタサンブラック程の信頼は無いか

<<最終追い切り>>

栗東坂

53.0-38.8-25.4-12.4 一杯

追い切りは動かない馬なのですが、今回はこの馬にしては好タイム。

併せ馬にもしっかりと先着しました。

叩きのレースではありますが、力は出せる状態と見てもよさそうです。

スマートレイアー

勇敢にも一線級の牡馬に挑んできましたね。

当舞台は鳴尾記念2着があり、苦手コースという訳では無さそうですね。

昨年秋には京都大賞典で勝っており、シュヴァルグランにも勝利しています。

しかし、この馬は休み明けで他馬は叩いてメイチが多い。

馬の能力も微妙だと思いますし、臨戦態勢に難ありですね。

<<最終追い切り>>

栗東坂

53.3-39.3-25.5-12.3 馬也

併せ馬には先着していますが、時計はもっと出る馬です。

それを考えると状態面は本調子とは言えないでしょう。

スワーヴリチャード

実は今回危険な人気馬かもと思っています。

この馬は陣営も認める左回り巧者であり、前走金鯱賞は得意舞台での快勝でした。

有馬記念は不利な外枠で4着と頑張った方でしたが、右回りはやはり不安。

新馬、未勝利と阪神2000mを戦っていますが、それほどパフォーマンスが高いとは思えませんでした

ここで勝つようなら本物だと思いますが、まだ半信半疑。

<<最終追い切り>>

栗東CW

83.3-67.6-53.2-39.2-12.4 馬也

最終は軽めで終了。

間隔が詰まっていますので、1週前も強くは追っていませんでした。

昨年のアルゼンチン共和国杯や有馬記念の時の追い切りは時計、動き共に抜群に良かった印象で、その時に比べると明らかに劣ります。

追い切り的にはそこまで重視できるものでは無いでしょうね。

ダンビュライト

前走AJCCは完勝と言える内容でした。

同舞台は準OPを強い競馬で勝ち上がっている舞台でもあり舞台適正はありそうです。

立ち回り力の優れた馬ですので、内枠が欲しい所でしょう。

前走を勝って賞金を加算出来ていますのでしっかり休養を取って挑めているのも好印象ですね。

穴で面白い存在だと思います。

<<最終追い切り>>

栗東坂

50.5-37.6-25.2-13.2 一杯

始めから飛ばしていったこともあり、全体時計は優秀ですが、終いはばてましたね。

併せ馬にも手応えは劣勢で内容的には絶好調とは言い辛い内容。

ただ、前走も同じような追い切り内容で快勝していますので、そのあたりが評価に困りますね。

トリオンフ

3連勝で重賞を制しここに歩を進めてきました。

連勝中の勢いもあり、レースの内容も良い。

しかし、倒してきた相手はそこまでレベルが高いとは言えず、この馬もGⅠ級かと言われると微妙かもしれませんね。

<<最終追い切り>>

栗東坂

55.1-39.6-25.5-12.7 馬也

元々時計を出す馬ではありませんが、それにしても遅い。

前走時はもっと速いタイムで走れており、まだ疲労が取り切れていない可能性もありますね。

状態面は良いとは思えません。

ペルシアンナイト

前走中山記念は1番人気に推されましたが5着。

前残りの展開に泣かされました。

休み明けを叩いて状態面の上澄みは見られそうですが、一番気になるのはデムーロ騎手がスワーヴリチャードを選んだという事。

皐月賞2着はありますが、距離2000mは少し長いと思います。

距離は上手く脚を温存出来れば持つかもしれませんので鞍上の腕が問われるレースとなりそうですね。

<<最終追い切り>>

栗東CW

52.3-37.2-11.7 馬也

3頭併せの真ん中。

アルアインと併入でした。

前走時と時計は変わりませんが、今回の方が楽な手応えでした。

アルアイン同様に状態は良さそうです。

マサハヤドリーム

未だオープンクラスのレースでの勝ち鞍もありません。

圧倒的に力不足ですね。

この馬が馬券になるようなことがあれば事故でしかない。

消しです。

<<最終追い切り>>

栗東坂

54.8-40.0-25.9-13.0 馬也

時計的には平凡です。

特別状態が良い訳では無さそうですね。

マルターズアポジー

※ダービー卿CTに出走するようです。

前走中山記念は最後までよく粘り3着でした。

何が何でも逃げる馬ですので、対戦相手が非常に重要になってきます。

今回は同型のヤマカツライデンがおり、ハナ争いは激化しそう

さらにそもそもGⅠ級の馬ではないと思いますので厳しい競馬になるのではないでしょうか。

ミッキースワロー

前走AJCCでは休み明けに加え前有利な展開の中、唯一好走からの競馬で2着に好走しました。

叩いた今回はさらに上向いてくると思います。

しかし、この馬も中山巧者であり、阪神競馬場は初。

関西遠征も京都で2度競馬をしていますが、どちらも敗戦。

不安要素は探せばどんどん出てきそうです。

それでいてそこそこ人気するなら、思い切って軽視する方向でいいと思います。

<<最終追い切り>>

※濃霧の為映像、時計確認できませんでした。

メートルダール

実はこの馬も阪神競馬場は初。

東京、中京での競馬が多く、左回り巧者なのでしょうか。

能力もGⅠで通用するとは思えず、ここでは厳しいでしょう。

<<最終追い切り>>

※濃霧の為映像、時計確認できませんでした。

ヤマカツエース

昨年の大阪杯3着馬。

得意舞台であった前走金鯱賞では思うように伸びず4着でした。

叩き台仕上げだったのでしょう。

叩いた今回は状態面の上澄みも大きく、急坂2000mはベストの舞台

近走の負けには理由がつけれますので、メイチのここなら通用しても良いと思います。

<<最終追い切り>>

栗東CW

80.3-64.7-50.6-37.4-12.0 馬也

叩いた効果もあり、好タイムでまとめてきました。

3着に好走した昨年と同等の動きを見せており、ここ目標感が伝わってきますね

ヤマカツライデン

GⅠでどうこう出来る馬ではありません。

マルターズアポジー潰しをしてくるのでしょうか。

はたまたサトノのタッグプレーを潰しに来るのでしょうか。

どういう結果であれこの馬は無理でしょう。

<<最終追い切り>>

栗東坂

50.8-37.6-25.1-12.7 一杯

坂路で追い切ったのは久々ですが、好タイムでまとめてきました。

追い切り過程の変化がどう出るかですが、状態面は悪くないでしょう。

確定した枠順と寸評(NEW!)

枠順も確定しましたね!

見ていきましょう。

比較的有力所は内に集まりましたね。

サトノダイヤモンドは2番、シュヴァルグランは4番、アルアインは8番、スワーヴリチャードは外で15番となりました。

内の3頭は偶数番という事もあり好枠と言えるでしょう。

スワーヴリチャードはもう少し内が良かった印象です。

さらに穴で面白そうな馬も内に集まった印象ですね。

枠順を見て個人的には自信度アップです。

大勝負仕掛けるかもしれませんよ~

展開予想

展開予想記事作成しました!

こちら→【展開予想】渾身の大阪杯!!ついでにダービー卿もね~スワーヴで本当に大丈夫?危険だと思うけどね~

からどうぞご覧ください。

以上過去の傾向や出走馬を見てきました。

人気のスワーヴリチャードは右回りに対応できるかが最大のポイントで軸にするにはリスクがありそうですね。

現段階ではアルアイン、サトノダイヤモンドのどちらかから勝負かなと思っています。

そして、2ケタ人気の大穴は厳しいかもしれませんが、中穴程度の馬なら十分台頭できると思います。

最後にブログランキングにて大阪杯の注目穴馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

穴馬①↓

人気ブログランキングへ

穴馬②↓

[最強]競馬ブログランキングへ

絶好調の無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

今週はドバイの4レース全てをメルマガ配信します!

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

スポンサードリンク




アンケートご協力ください

<<私ケンヂも参考にしているネットビジネスのイロハ>>

ネット社会のこのご時世。

仕事もネットでしてみません??

サラリーマンの副業、子育て中の主婦の空いた時間でも十分小遣い稼ぎできますよ。

もちろん何も分からなくてもOK!!

手取り足取り一から全て教えてくれますよ~~

こちら⇒https://vancool.biz/l/c/bqrc5ELb/s7yh2LWC

から詳しい情報をご覧ください!!

無料でノウハウが公開されていますよ。

==========PR==========

AD)うまコラボ会員になってない方必見

3回に1回三連単
何十週も連続的中
指数で軸馬簡単絞り
過去データ全部公開、嘘なし
YOUTUBERも予想家もブロガーも使う指数・・
この噂のサイトを公開しちゃいます。

今すぐ見てみたい方はこちら

会員登録後の使い方が一番知りたいですよね
まず最初に見るのはココ

■今週のコラボ指数
まずはココです。各地域 波乱、中波乱、本命など傾向記載。低い数値がよいのです。
・詳しい馬柱全レース掲載
・各券種オッズも一目瞭然
・結果即反映
・競走馬、騎手過去成績表示

でも数字だけでは分かりづらいですよね?
そうです。動画で指南してくれます。
これが正直わかりやすかったです。
つまりなんだっけ?!と最初なってたのでよく見直してました。

■うまコラボチャンネル

・北条データを使って中山で回収率529%
・コラボデータ予想新ロジック検証
・コラボシュミレーター
・コラボ指数で3連単買ってみた

それでもという方は
■北条直人の競馬ブログ
メルマガで更新情報くるので外出時でもスマホで簡単確認

日曜日に重賞無料公開もあります。考察と予想も出てくるので
これ見たら
一発ツモドラドラです。

以上が初回の皆様が使われるだいたいの筋道です。
また
コチラが北条直人さんとサポート星川さんです。
いろんなコンテンツが随時出てくるので
2人のブログをいつもcheckしてみてください。




うまコラボ会員になられる方はコチラ

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする