【オークス2019】出走馬考察と1週前追い切り等々~狙い馬はもう決まってます!!~

今回はオークスの予想について書いていきます。

いよいよ春のクラシック戦線も大詰め。

ダービーに先駆けて牝馬の頂点を決める戦いであるオークスが行われます。

桜花賞馬のグランアレグリアはマイル路線へ行ったため本命不在ともいえるレースになりそうです。

この時期の牝馬ですので正直どの馬も不安はある。

難しいレースになりそうな気がしますね。

ただ、私の本命馬はほぼ決まっています!

余程の事が無い限りはこの馬軸で攻めて行きたいと思っています。

先週のヴィクトリアマイルは軸レッドオルガからで撃沈。

付けた汚れは早いうちに拭っていきたいと思っていますので今週も勝負行くかもです!!

まずはアンケートから。

では予想へ参りましょう!!

スポンサードリンク




オークスの予想

過去10年のデータ

まずは過去データから。

枠順

内外極端な枠が好成績ですね。

その年その年の馬場の伸びどころは見ておきたい所。

人気

基本的には人気馬。

2桁人気の大穴の出番は無さそうです。

脚質

差し馬中心。

先行馬は苦戦を強いられていますね。

前走

基本的にローテーションは3つ。

桜花賞、忘れな草賞、フローラSです。

それ以外の組は消しでいいレベル。

予想オッズ

次に予想オッズを見て行きます。

クロノジェネシス 3.7

ラヴズオンリーユー 4.3

コントラチェック 4.6

ダノンファンタジー 5.0

シゲルピンクダイヤ 7.7

桜花賞馬のグランアレグリアが不在という事でかなりの混戦オッズが予想されますね。

1番人気はクロノジェネシス。

末脚に優れたタイプで桜花賞は不完全燃焼。

人気の中心になって当然でしょう。

先週のヴィクトリアマイルと同じくどの馬から入っても配当は望めそうですね。

上位人気馬の考察と1週前追い切り診断

続いて上位人気馬を見て行きます。

クロノジェネシス

桜花賞は正直不完全燃焼。

前が壁になり追い出しを待たされる内容でした。

先週のレッドオルガ然り北村友一Jはこのシーンが多くないですか?

私が買っていた馬がそうなったのでそういうイメージが強いのかもしれませんが。

距離に関してはどの馬も不安アリだと思いますが、東京変わりに関しては間違いなくプラス。

新馬戦と2戦目は1800mを勝利していますし、マイルの専門家という訳では無いでしょう。

詰まるリスクを回避するために外枠が欲しい所でしょうか。

<1週前追い切り>

栗東CW

85.1-68.9-54.0-39.9-12.6 馬也

元々追い切りで派手な動きをするタイプではないと思いますので、時計はこのくらいで十分でしょうか。

桜花賞の時と比べると終いの時計が掛かっていますが、併せ馬に楽な手応えで先着していますので悪くないと思います。

ラヴズオンリーユー

桜花賞の出走は叶わずで忘れな草賞を制しここに駒を進めてきました。

ここまで3戦3勝。どれも最速の上りを使い余裕のある勝ち方です。

リアルスティールの全妹で血統面からの魅力もあります。

距離も大丈夫でしょう。

オークスを制したミッキークイーンと何かと被るところがあり面白い存在ですね。

<1週前追い切り>

栗東CW

80.9-65.4-51.3-37.9-11.4 馬也

素晴らしい追い切りですね。

持ったままの楽な手応えで終い11.4秒。

併せ馬も一瞬で置き去りにしました。

デキは間違いなく良いですよ。

コントラチェック

フラワーカップを勝ちそこからぶっつけローテです。

本来なら嫌いたい所なのですが、買い材料は揃っている馬。

グランアレグリアをマイルに追いやってまでルメール騎手を乗せようとした馬。

結局代役のレーン騎手になりますが、先週のノームコアと同じパターンですね。

当然ノーザンファーム天栄。

そこまでしてノーザンが動いているんですから勝算があるはずです。

その辺りの背景的には買うべき馬だとは思いますが、

馬のタイプ的にはピッチ走法で器用なタイプ。

東京というより小回り向きだと思いますがね。

悩ませますね。

ルメールレーンラインじゃ無かったら消しレベルの馬なんですがね。

<1週前追い切り>

美浦南W

44.6-13.7 馬也

軽めも軽め。

時計も3ハロンしか出していません。

過去にもこのレベルの1週前追い切りは無く良い追い切りとは言えませんね。

ノーザンファーム天栄でバキバキにやっているのでしょうか。

余裕の追い切りですね。

マジで天栄で何やってるか見たいわ。

ダノンファンタジー

桜花賞で1番人気に推された2歳女王が1つの負けで人気落ち。

ここまで1400m、1600mしか使ってきておらず距離不安があるのは確か。

ただ、この時期の牝馬ですので距離不安はどの馬にもある。

能力自体は最上位と言ってもいいと思いますので、距離不安は能力でカバーできるかもしれません。

人気落ちするなら狙ってもいいレベルでしょう。

<1週前追い切り>

栗東坂

56.7-41.0-25.9-12.9 馬也

1週前は坂路。

これは意外でしたね。

距離不安あるならウッドコースかと思いましたし、過去の1週前追い切りもすべてウッドコース。

内容も軽めでしたし、桜花賞の疲れが取れていない可能性も視野に入れておきたい。

シゲルピンクダイヤ

名前もあり舐められがちな馬ですが能力は確か。

グランアレグリアがいないここでは桜花賞最先着の馬です。

その桜花賞は鞍上の神騎乗あってのものではありますが、末脚は堅実。

騎手含めですがモズカッチャンと被るイメージがありますね。

ダイワメジャー産駒ですので距離は短い方がいいのは確か。

スローペースになるのが好走の条件でしょうか。

<1週前追い切り>

栗東坂

53.7-38.9-25.0-12.2 終一杯

一杯に追われた併せ馬を楽な手応えで突き放し追われるとさらにグイっと伸びました。

時計も優秀で、前走と同等。

併せ馬で負荷を掛けてきているのも評価できます。

良い追い切りでした。

以上過去の傾向や上位人気馬を見てきました。

冒頭にも書いた通り狙い馬はほぼ決まっています。

その馬がどういう追い切りを消化してくるか。どの枠を取るのか。

そこに注目していきたいですね。

最後にブログランキングにてオークスの注目馬を発表します。

是非とも確認お願いします!

注目馬↓

人気ブログランキングへ

ついでにこっちもよろしくです↓

[最強]競馬ブログランキングへ

無料メルマガでは、一部の重賞レース予想平場レース予想当日の注目馬さらにはレース回顧までボリューム満点の内容をお届けしています。

今週はオークスの最終予想をメルマガ配信します。

まだ登録していない方はぜひ登録ください!!

メルマガ登録はこちらから↓

http://keibamag.com/magazine.php?mid=8805571

スポンサードリンク




==========PR==========

牝馬クラシック第2戦『オークス
桜花賞馬不在のこのレースは「血統」で攻略する。

オークスはディープ産駒が大得意◆
去年こそ上位3頭が力が抜けていて、
アーモンドアイ
リリーノーブル
ラッキーライラック
の3頭が桜花賞上位馬が着順こそ変わりましたがそのまま上位独占。
血統傾向も当てはまらないくらい強かったですね。

ただしオークスにもやはり血統の偏りはあります。
結果を出しているのはディープインパクト産駒です。
今年の出走予定馬はカレンブーケドール、コントラチェック、シェーングランツ、ダノンファンタジー、ラヴズオンリーユーの5頭。
人気なさそうな馬もいるので要注意です。

荒れた先週のヴィクトリアMもきっちり当ててます。
━━━━━━━━━

━━━━━━━━━
3着に11人気のクロコスミアが突っ込んできて3連単1750倍つきましたね。
先ほどのデータ該当馬で個人的に買いたい馬はカレンブーケドール。
この馬の牝系と父ディープインパクトの配合は好相性なので楽しみ。
血統ウィナーズさんの買い目にこの馬入ってたら勝負確定です!
→血統研究家のオークス予想を見に行く
まずは無料メルマガ登録でぜひお試しください!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ツイッターやってます!

記事に書いていないレースの予想も不定期で行っています。

是非ともフォローして確認下さい!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする